XMTradingの入金はどの方法がおすすめ?手数料・反映時間も解説(エックスエム)

XMTradingの入金方法|手数料・反映日数も解説

海外FX業者のXM(エックスエム)は、以下6種類の入金方法に対応しています。

XMの入金方法一覧
  • 国内銀行送金
  • クレジットカード・デビットカード(VISA・JCB)
  • コンビニ決済
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • BXONE
  • Apple Pay

この記事では、XMで利用できる入金方法について、ルールや注意点を詳しく解説します。

おすすめの入出金方法や土日の取り扱いなどにも触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

なお、XMTradingは入金せずとも口座開設だけでボーナス13,000円が貰えてすぐ取引を始められますので、口座開設がまだの方は口座開設だけでも済ませておきましょう!

XMTradingの評判が気になる方は以下の記事もご覧ください。

あわせて読みたい
XM Tradingの評判とは?利用者の口コミ・安全性を解説!(エックスエムトレーディング) XMTrading(エックスエムトレーディング)は、多くのトレーダーから支持を得ており、数ある海外FX業者の中でも高い評価を受ける会社です。 この記事では、XMTradingの特徴...
目次

XMTradingの入金ルール

まず最初は、XMで入金する際の全般的なルールや、用途別におすすめの入金方法を確認しましょう。

XMTradingの手数料はほとんどの入金方法で無料

XMの取引口座への入金手数料は、利用できるほとんどの方法で無料となっています。

以下は、XMで利用できる入金方法と手数料の一覧です。

入金方法入金手数料
国内銀行送金・1万円以上の入金では手数料無料
・1万円未満の入金は1,750円の手数料
クレジットカード・デビットカード
(VISA・JCB)
無料
コンビニ決済・5万円未満の入金では300円
・5万円以上の入金では500円
bitwallet無料
BXONE無料
Apple Pay無料
XMの入金方法と手数料の一覧

国内銀行送金の場合、1万円以上の入金では手数料無料になりますが、その場合でも振込手数料はユーザー負担になるので知っておきたいですね。

利益の出金も一括化するなら銀行送金がおすすめ

XMでは、以下のような出金ルールがあるため、これを踏まえた上で入金方法を選ぶのがおすすめです。

XMの出金ルール
  • 原則、入金と異なる方法では出金不可
  • 入金額以上の利益分が出金できるのは、国内銀行送金のみ
  • 国内銀行送金を除く決済方法では、出金額の上限は入金額まで

XMではこうしたルールがあるため、もし入金時に複数の決済方法を利用すると、その分だけ出金方法が増えるので、手続きが煩雑になってしまいますね。

言い換えれば、入金方法を国内銀行送金に一本化することで、利益を含む出金をスムーズに行うことが出来ます。

出金までを考えてシンプルに資金管理を行いたい人は、XMでは国内銀行送金を利用した入金がおすすめでしょう。

XMTradingの銀行送金については以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
XM Tradingへ国内銀行送金で入金する手順|手数料・反映時間も解説 海外FX業者のXMTrading(エックスエム)では、国内銀行送金による入金に対応しています。 XMTradingの出金ルールでは、銀行送金だけが利益分の出金に対応しているため、入...

反映時間重視ならクレジットカード・オンラインウォレットがおすすめ

国内銀行送金は使いやすい方法ですが、入金額が口座に反映されるまでやや遅いというデメリットがあります。

銀行の営業時間によっては、入金反映には更に時間がかかる可能性がありますね。

もし、「なるべく早く入金したい」「すぐに取引を始めたい」と考える場合は、クレジットカードやオンラインウォレットなど、即時入金に対応した方法がおすすめです。

XMでは、VISAやJCBのクレジットカード・デビットカード、またbitwallet・BXONE・Apple Payなどの決済サービスで即時入金・口座に反映できます。

XMTradingの入金方法一覧

XMでは、国内銀行送金やカード決済を始めとした様々な方法で口座へ入金ができます。

入金方法最低入金額反映時間
国内銀行送金1万円営業日1時間以内
VISA4,500円即時
JCB1万円即時
コンビニ決済1万円即時
bitwallet800円即時
BXONE800円即時
Apple Pay8,000円即時
XMTradingの入金方法比較

こうした基本情報を踏まえて、各入金方法の詳細を見ていきましょう。

国内銀行送金

XMでは、三井住友銀行にある収納代行業者の銀行口座に送金することで、取引口座へ入金可能です。

最低入金額の設定はありませんが、入金額が1万円未満の場合は1,750円の入金手数料がかかります。

そのため、振込手数料が差し引かれても1万円以上となるように入金をするのがおすすめです。

XMでは、入金額以上の利益分を出金できるのは国内銀行送金だけなので、入金に国内銀行送金を利用することで出金もシンプルに行なえます。

ただし、入金から口座への反映までは営業日で1時間程度の時間がかかり、銀行営業時間外であれば翌営業日の扱いになるため、すぐに入金したい場合にはやや不向きです。

ただし、国内銀行送金はネットバンク・ATM・銀行窓口などからXMに入金手続きを行えます。

海外FXの入金にクレジットカードを使いたくない人や、オンラインウォレットなどの決済サービスを利用していない人にとっても、国内銀行送金は利用しやすいでしょう。

XMTradingの銀行送金については以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
XM Tradingへ国内銀行送金で入金する手順|手数料・反映時間も解説 海外FX業者のXMTrading(エックスエム)では、国内銀行送金による入金に対応しています。 XMTradingの出金ルールでは、銀行送金だけが利益分の出金に対応しているため、入...

クレジットカード・デビットカード(VISA・JCB)

XMでは、VISAとJCBのクレジットカード・デビットカードでの入金が可能です。

クレジットカード決済は入金手数料無料で即時入金できる方法として人気があります。

ただし、カード会社の都合などによっては海外FXの決済に利用できない場合がある点はご注意ください。

VISAカードで入金した場合、出金は返金扱いになるため、出金額の上限は入金額までになり、利益分は国内銀行送金で出金します。

またVISAカードへの返金は、長い場合で1ヶ月以上かかる場合もあるため、入金の手軽さに対して出金は少々時間がかかる点は事前に把握したいポイントです。

一方で、JCBカードは入金にのみ利用でき、出金(返金)には対応していないので、入金額や利益分は国内銀行送金で出金します。

コンビニ入金

XMは海外FXの中では珍しく、コンビニ払いによる入金に対応しています。

即時入金が可能で、送金履歴が残らず、個人情報に関わる書類も不要の匿名性の高い方法ですが、以下のように手数料がかかる点には気をつけたいですね。

XMのコンビニ入金手数料
  • 5万円未満の入金:300円
  • 5万円以上の入金:500円

なお、コンビニ入金を利用した場合、入金額を超える利益分の出金は国内銀行送金を利用することになります。

bitwallet(ビットウォレット)

XMでは、bitwalletでの入金に対応しています。

bitwalletは、ユーザーと業者を仲介するオンラインウォレットサービスの一つですね。

bitwalletアカウントを開設し口座へ入金しておくことで、XMなどの海外FX業者の入出金を手軽に行うことが可能です。

手数料不要で即時入金できるbitwalletですが、XMの場合、出金額の上限は入金額までとなっており、利益分は国内銀行送金で出金する必要があります。

XMでの出金にはやや制約がありますが、bitwalletは対応している海外FX業者が多いので、海外FXユーザーにとっては使いやすい決済サービスでしょう。

BXONE

XMでは、BXONEでの入金が可能です。

BXONEも、bitwalletと同様のオンラインウォレットですね。

手数料不要で即時入金できることがメリットですが、対応している海外FX業者はまだ少ないため、bitwalletに比べて利便性は低めです。

ただ、BXONEは法定通貨だけではなく仮想通貨も取り扱っているので、XMの入金で仮想通貨を利用したいユーザーにとってはおすすめの決済サービスでしょう。

BXONEで出金した場合も、出金額の上限は入金額までで、利益分の出金は国内銀行送金で行います。

Apple Pay

XMでは、Apple Payでの入金にも対応しています。

手数料不要で即時入金が可能なApple Payですが、Appleのデバイス(iPhone・iPad・Apple Watch・Mac)でしか使えない点は注意したいですね。

また、XMでApple Pay入金を利用した場合、同方法への出金(返金)はできません。

入金額や利益分は、国内銀行送金で出金しましょう。

STICPAY

XMでは、以前までSTICPAY(スティックペイ)での入出金に対応していました。

しかし現在は、新規のSTICPAY入金には対応していないので、STICPAYによる入金歴があるユーザーのために出金方法としてのみ提供されています。

XMTradingの入金方法に関する注意点

ここからは、XMで入金する際に知っておきたい3つの注意点を確認していきます。

金融機関とXMTradingのFX取引口座の名義は同一にする

XMで入金するには、XMに登録している名義と同一名義の金融機関・決済サービスを利用する必要があります

例えば、XMに登録した本人以外の名義の銀行口座を利用した入金できない、などのルールがあるのです。

銀行口座やクレジットカード・デビットカードはもちろん、bitwalletなどの決済サービスでも、本人以外の名義のウォレットでは入金できないのでご注意ください。

口座通貨がUSD・EURだと一部の方法が利用できない

XMでは、口座の基本通貨としてJPY・USD・EURの3通貨から選べますが、USD・EURの場合は一部の入金方法が利用できないため、注意が必要です

入金方法と対応している通貨を、以下にまとめてみました。

入金方法JPYUSDEUR
国内銀行送金
VISA
JCB×
コンビニ決済××
bitwallet××
BXONE××
Apple Pay
XM|入金方法別の対応通貨

口座通貨がUSDとEURの場合は利用できる入金方法が少ないだけではなく、例えば国内銀行送金を利用した際に為替手数料が発生する場合があるので注意が必要です。

銀行営業時間外の振込は翌日の反映となることがある

国内銀行送金では、銀行の営業時間外に入金手続きを取った場合は、口座に入金額が反映されるのは翌営業日になる点も注意が必要です。

一般的に銀行が休みになるタイミングは、主に以下の通りです。

銀行が休みになるタイミング
  • 平日の営業時間外
  • 土日祝日など銀行休業日
  • 12月31日から翌年1月3日

また、上記以外でもクリスマスのようにXMが休業するタイミングで入金を行った場合も、口座反映は翌営業日になります。

XMTradingで入金できない・反映されない時の原因・対処法

ここからは、XMで入金ができない場合や反映されない場合について、ケースごとに原因と対処法を解説していきます。

反映されない原因①最低・最大入金額の範囲外

XMの取引口座の最低入金額は5ドル(相当額)ですが、入金方法によってはそれより高い最低入金額が設定されている場合があります。

XMでの入金方法ごとの最低額・最大額は、以下の通りです。

入金方法最低入金額1回の最大入金額
国内銀行送金1万円1,500万円
VISA4,500円150万円
JCB1万円30万円
(100万円/月)
コンビニ決済1万円20万円
(50万円/月)
bitwallet800円150万円
BXONE800円150万円
Apple Pay8,000円15万円
(1万ドル/月)
XMの最低入金額・最大入金額

上記表の通り最大入金額も入金方法ごとに異なり、入金の際は最低金額・最大金額の範囲を守らないと入金できないので注意しましょう。

反映されない原因②振込情報に不備がある

XMで国内銀行送金による入金を行う場合、2つの重要なルールがあります。

XM|国内銀行送金のルール
  • 初回入金をする際は、一度はXM会員ページの入金画面にある国内銀行送金のページを開く必要がある
  • 振込人名義として「口座名義(ローマ字)+取引口座番号」を記入して送金手続きを行う

特に振込人名義の形式は重要で、「名義+口座番号」を記載する書き方を行う必要があります(例:Hanako Sato 1234567)。

この形式で振込人名義を書かなかった場合、入金額は口座へ自動的に反映されず、確認と口座反映に時間がかかる可能性があります

少々難しく思われるかもしれませんが、XMの会員ページにログインし、入金画面の国内銀行送金の画面を開くと、振込先口座情報とともに定形に沿った振込人名義も記載されているので、その通りに手続きを取ればスムーズに入金できます。

反映されない原因③VISA・JCB以外のカード会社を指定している

XMはクレジット・デビットカードによる入金に対応していますが、利用できるカードブランドはVISAカードとJCBカードのみです。

Mastercardやアメックスカードなどには対応していません

また、入金ページもVISAとJCBで分かれており、例えばVISAカードの情報をJCBの入金ページで入力すればエラーが起きてしまいます。

XMでクレジットカードの入金に失敗する場合は、カードブランドに合った入金ページを利用するようにご注意ください。

反映されない原因④クレジットカードの有効期限が切れている

有効期限の切れたクレジット・デビットカードは、XMの入金で利用できません。

もし過去に入金歴のあるカードで入金に失敗した場合は、有効期限を確認してみてください。

反映されない原因⑤クレジットカードの利用限度額や残高が不足している

有効期限内のVISAやJCBのクレジット・デビットカードを利用しているのにXMの入金で失敗する場合は、カードの利用限度額や残高をご確認ください。

クレジットカードの場合、XMへの入金はカードのショッピング枠内の金額で行われる点に注意しましょう。

もしも、有効期限や利用限度を守っているのに入金できない場合は、カード会社が海外FXでの利用に対応していない可能性があります。

その場合、他のカード会社が発行したクレジット・デビットカードか、他の決済方法を検討してみてください。

よくある質問

最後は、XMの入金方法についてよくある質問にお答えします。

XMTradingの最低入金額はいくらですか?

XMの最低入金額は、全ての口座タイプで5ドル(相当額)です。

しかし、決済方法ごとに最低入金額が異なる点にはご注意ください。

例えば国内銀行送金では1万円(手数料無料になる最低金額)、VISAカードでは4,500円です。

口座タイプの最低額で入金したい場合は、bitwalletやBXONE(いずれも800円から入金可能)を利用すると良いでしょう。

XMTradingで入金手数料が安いのは?

XMでは、クレジット・デビットカード(VISA/JCB)・bitwallet・BXONE・Apple Payの決済方法で入金手数料が完全無料となっています。

国内銀行送金とコンビニ決済では、ユーザー負担の入金手数料または振込手数料が発生します。

XMTradingでは土日も入金できますか?

XMでは、クレジット・デビットカード(VISA/JCB)・コンビニ決済・bitwallet・BXONE・Apple Payの入金方法で、土日を含む即時入金に対応しています。

楽天銀行は利用できますか?

XMでは、楽天銀行からの国内銀行送金で、取引口座に入金することができます。

XMTradingの入金反映時間・日数は?

XMの入金方法ごとの反映時間は、以下の通りです。

入金方法反映時間
入金方法反映時間
国内銀行送金営業日1時間以内
クレジットカード・
デビットカード
(VISA・JCB)
即時
コンビニ決済即時
bitwallet即時
BXONE即時
Apple Pay即時
XMTradingの入金方法別反映時間

XMTradingではコンビニ払いはできますか?

XMでは、コンビニ払いによる入金に対応しています。

入金履歴が残らないなど、他の入金方法に比べて匿名性の高さが特徴です。

ただし、手数料として5万円未満の入金では300円、5万円以上の入金では500円がかかります。

XMTradingの入金方法まとめ

今回はXM(エックスエム)の入金について、対応している決済方法や条件を詳しく解説してきました。

様々な入金方法が選べるXMですが、出金に際しては以下のようなルールがあります。

XMの出金ルール
  • 入金した方法で入金額までを出金する
  • 利益分を出金できるのは銀行送金のみ

出金方法を踏まえながら入金方法を選ぶと良いでしょう。

ぜひ本記事を参考に、XMで入金してトレードをしてみてくださいね。

目次