海外FXのスキャルピングおすすめ口座10選!初心者でも簡単に始められる方法

スキャルピングとは、短時間の間に注文決済を繰り返すことで小さな利益を積み上げていくトレード手法です。

海外FXでは、ハイレバレッジや低スプレッドなどスキャルピング向けのスペックを備えた業者が数多く存在します。

ただし、成功するためには適切な口座選びや戦略が不可欠です。

本記事では、スキャルピングにおすすめの海外FX口座ランキングに加え、口座の選び方、勝てないときの原因や対策まで幅広く解説します。

スキャルピングにおすすめの海外FX口座はこちら!
  • XMTrading :KIWAMI極口座
    最大1000倍のハイレバレッジと低スプレッドを両立
  • Exness:ロースプレッド口座
    レバレッジ無制限で高い資金効率
  • AXIORY:ナノ口座
    スキャルピング特化ツールのcTraderが使える

海外FX業者探しに迷っている方は以下の記事もご覧ください。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめランキング!人気の25社を徹底比較【2024年5月版】 海外FXとは、日本以外の国に拠点を持つ海外ブローカーを介してFX取引(外国為替証拠金取引)を行うことです。 海外FXは国内とは比べ物にならないハイレバレッジや豪華なボ...
目次

スキャルピング向きの海外FX口座の特徴・選び方7選

まずは、スキャルピング向けの海外FX口座を選ぶための7つのポイントを解説していきます。

スキャルピング向けの海外FX口座の選び方
  • スキャルピングが禁止されていない・禁止事項が少ない
  • スプレッドや取引手数料が安い
  • ハイレバレッジで資金効率が高い
  • 約定力が高い・安定している
  • 約定速度の速いECN口座がおすすめ
  • cTraderを採用している
  • ストップレベルが狭い

①取引の禁止事項が少ない

スキャルピングを行う上で重要なポイントは、海外FX業者がスキャルピングを禁止していないことです。

例えば、iFOREXではスキャルピングが全面的に禁止されている他、大口ロットでのスキャルピングやEAスキャルピングなど一部の取引手法を禁止している海外FX業者もあります。

禁止事項が少ない海外FX口座では、自由度が高く、トレーダーはスキャルピングを自由に行うことができるのです。

また、取引回数が多いため手数料やスプレッドが重要ですが、スキャルピング向きの口座ではこれらが低い場合が多く、取引コストを抑えながらの効率的な取引ができます。

②スプレッドや取引手数料が安い

スキャルピングでは短時間で小さな利益を積み重ねるため、取引コストが少ないほど利益率が向上します。

したがって、スキャルピング向きの海外FX口座を選ぶ際には、スプレッドや取引手数料が安いことが求められます。

スプレッドが狭く取引手数料が安い海外FX口座であれば、トレードコストの削減・利益の最大化ができるでしょう。

③ハイレバレッジで資金効率が高い

スキャルピングでは短時間で小さな利益を積み重ねるため、レバレッジの高さが重要です。

海外FX特有のハイレバを活用すると、少額の証拠金で大きなポジションを持つことができ、資金効率を高まります。

海外FXでハイレバ業者を選ぶときのポイント
  • 最大レバレッジの高さ
  • ロスカット水準の低さ
  • 口座残高や指標発表時のレバレッジ制限の有無

ただし、ハイレバトレードはリスクも高まるため、自身のリスク許容度に合った口座選びや資金管理を行っていきましょう。

④約定力が高い・安定している

スキャルピングでは素早い取引が求められるため、約定力が高く安定している海外FX業者がおすすめです。

約定力が高い海外FX業者の特徴
  • 注文の執行速度が高速
  • スリッページ(注文価格と約定価格の差)が少ない
  • システムエラーや遅延が少ない

スキャルピング向きの海外FX口座を選ぶ際には、取引プラットフォームの性能やサーバーの安定性などを確認しておくとよいでしょう。

⑤約定速度の速いECN口座がおすすめ

多くの海外FX業者がSTP方式とECN方式の口座タイプをそれぞれ用意していますが、スキャルピングをするならECN口座がおすすめです。

STP口座注文はFX業者を介してインターバンクへ通される
ECN口座注文は直接インターバンクに通される

注文を直接インターバンクに通すECN口座では、以下のような特徴があります。

  • 直接注文のため約定が高速
  • 取引透明性が高い
  • 取引手数料がかかるが、スプレッドを含めたトータルコストはSTP口座より安い
  • スリッページが起きづらい(リクオートは起きる)
  • 最大レバレッジはSTP口座よりも控えめなことが多い

スキャルピング向きの海外FX口座を選ぶなら、注文精度と取引コストが優秀なECN口座のメリットは非常に大きいでしょう。

⑥cTraderを採用している

スキャルピング向きの海外FX口座を選ぶ際には、取引プラットフォームの種類もチェックしておきましょう。

ECN方式専用のcTraderという取引プラットフォームでは、高速・高約定を生かしてスキャルピングで大きな成果を上げられる可能性があります。

cTraderは一部の海外FX業者でしか採用されていないため選択肢は限られますが、取引透明性の高さやスプレッドの狭さは折り紙つきのツールです。

cTraderを採用している海外FX口座
  • AXIORY ナノ口座
  • TradeView ILC口座
  • FXPro cTrader口座

⑦ストップレベルが狭い

ストップレベルとは、注文の際に現在の価格から最低限離さなければならない価格差のことです。

スキャルピングにおいては、ストップレベルが狭いほど狭い値幅での約定を狙えるため、利確チャンスが増えます。

最近はストップレベルを0に設定する海外FX業者も増えてきていますので、スキャルピング向けの海外FX口座を選ぶ際は、この点も注意して見ておくとよいでしょう。

スキャルピングにおすすめの海外FX口座10選

では、いよいよスキャルピングにおすすめの海外FX口座10選をご紹介していきます。

海外FX業者ごとに特色が異なるので、ご自身のトレードスタイルに合わせてお気に入りの口座を選んでみてください。

スクロールできます
海外FX口座取引方式スプレッド1ロット往復
取引手数料
レバレッジストップレベル最低入金額公式サイト
XMTrading
KIWAMI極口座
STP0.8pips~無料1000倍0500円開設する
XMTrading
ゼロ口座
ECN0.1pips~10ドル500倍0500円開設する
AXIORY
ナノ口座
ECN0.5pips~4ドル400倍01,100円開設する
Exness
ロースプレッド口座
ECN0pips~6ドル無制限01,000ドル開設する
TitanFX
ブレード口座
ECN0.2pips~7ドル500倍0なし開設する
ThreeTrader
Rawゼロ口座
ECN0pips~4ドル500倍0100,000円開設する
HFM(HotForex)
ゼロ口座
ECN0pips~6ドル2000倍ありなし開設する
FXGT
ECN口座
STP0.2pips~6ドル1000倍あり5ドル開設する
TradeView
ILC口座
ECN0.6pips~10ドル200倍01,000ドル開設する
BigBoss
プロスプレッド口座
STP/ECN0.2pips~9ドル1111倍05ドル開設する
海外FXスキャルピング向け口座比較

XMTrading:KIWAMI極口座

XMTrading公式サイト
XMTrading公式サイト
スキャルピングOK
スプレッド0.8pips~
1ロット往復取引手数料無料
最大レバレッジ
ロスカット水準
1000倍
20%
ストップレベル0
最低入金額500円

スキャルピングにおすすめの海外FX口座1つ目は、XMTradingのKIWAMI極口座です。

海外FXのECN口座では、スプレッドが狭い代わりに最大レバレッジが低めに設定に設定されることがほとんどです。

その点、XMTradingのKIWAMI極口座は「低スプレッド・ハイレバ」を両立した良いとこどりの口座と言えます。

メリット
デメリット
  • USDJPY 0.8pips~
  • 取引手数料無料
  • 最大レバレッジ1000倍
  • 取引方式はSTPなので注意
  • 入金ボーナスは利用不可

新規でXMTradingを利用する方は、13,000円の口座開設ボーナスの利用もおすすめです。

XMTradingのスキャルピングについては以下の記事で詳しくまとめています。

あわせて読みたい
XMtradingはスキャルピングOK!禁止の手法やおすすめの通貨ペアも紹介 「XMTrading(エックスエム)はスプレッドが広いから、スキャルピングには向かないでは?」 と考えている方もいるのではないでしょうか。 スプレッドだけで見ると、XMTrad...

XMTrading:ゼロ口座

XMTrading公式サイト
XMTrading公式サイト
スキャルピングOK
スプレッド0.1pips~
1ロット往復取引手数料10ドル
最大レバレッジ
ロスカット水準
500倍
20%
ストップレベル0
最低入金額500円

スキャルピングにおすすめの海外FX口座2つ目は、同じくXMTradingのゼロ口座です。

KIWAMI極口座と違い、ECN方式のゼロ口座ではより精密で透明度の高い取引を行うことができます。

また、最大レバレッジが500倍、取引手数料が発生する点はデメリットですが、幅広い銘柄を取引する方には、ゼロ口座の方がトータルコストは安く抑えられる可能性があります。

メリット
デメリット
  • USDJPY 0.1pips~
  • 主要通貨以外もスプレッドが狭い
  • 約定力が高い
  • 入金ボーナスは利用不可
  • 最大レバレッジが低め
  • 1ロットあたり往復10ドルの取引手数料はやや高額

XMTradingのゼロ口座も、13,000円新規口座開設ボーナスの対象となります。

AXIORY:ナノ口座

AXIORY公式サイト
AXIORY公式サイト
スキャルピングOK
スプレッド0.5pips~
1ロット往復取引手数料4ドル
最大レバレッジ
ロスカット水準
400倍
20%
ストップレベル0
最低入金額1,100円

スキャルピングにおすすめの海外FX口座3つ目は、AXIORYのナノ口座です。

AXIORYは最大レバレッジは400倍と控えめなものの、スプレッドの狭さと安定性で評価が非常に高い海外FX業者。

大口取引への対応力が高く、取引規模が大きくてもレバレッジ制限を受けづらい点もメリットに挙げられます。

メリット
デメリット
  • cTraderを利用できる
  • 口座残高によるレバレッジ制限が少ない
  • 取引禁止事項が少ない
  • 最大レバレッジが低め

AXIORYナノ口座では、MT4に加えてスキャルピング特化のcTraderを利用することができます。

AXIORYでMT5を利用したい方は、取引プラットフォーム以外はナノ口座と同じ条件で取引できるテラ口座をご利用ください。

Exness:ロースプレッド口座

Exness公式サイト
Exness公式サイト
スキャルピングOK
スプレッド0pips~
1ロット往復取引手数料6ドル
最大レバレッジ
ロスカット水準
無制限
0%
ストップレベル0
最低入金額1,000ドル

スキャルピングにおすすめの海外FX口座4つ目は、Exnessのロースプレッド口座です。

Exnessは海外FX唯一無二のレバレッジ無制限を提供しており、資金効率の高さは折り紙付きです。

メリット
デメリット
  • 最大レバレッジ無制限
  • 取引禁止事項が少ない
  • 指標発表時にレバレッジ制限を受けることがある
  • 初回入金額が高額

Exnessには3種類のプロ口座がありますが、ロースプレッド口座は比較的バランスの取れた口座タイプです。

  • ゼロ口座:主要通貨0スプレッド
  • ロースプレッド口座:銘柄全体でスプレッドが狭い
  • プロ口座:即時約定方式

トレードスタイルによって口座タイプを使い分けてみてもよいでしょう。

TitanFXブレード口座

TitanFX公式サイト
TitanFX公式サイト
スキャルピングOK
スプレッド0.2pips~
1ロット往復取引手数料7ドル
最大レバレッジ
ロスカット水準
500倍
20%
ストップレベル0
最低入金額なし

スキャルピングにおすすめの海外FX口座5つ目は、TitanFXのブレード口座です。

TitanFXは約定力に定評があり、安定した低スプレッドでのスキャルピングが期待できます。

メリット
デメリット
  • 約定力が高い
  • 口座残高によるレバレッジ制限なし
  • 取引禁止事項が少ない
  • 最大レバレッジが低め
  • EA利用制限なし
  • ボーナスキャンペーンは少ない

最大レバレッジは控えめですが、口座残高によるレバレッジ制限がないため大口取引も可能です。

ThreeTrader:Rawゼロ口座

ThreeTrader公式サイト
ThreeTrader公式サイト
スキャルピングOK
スプレッド0pips~
1ロット往復取引手数料4ドル
最大レバレッジ
ロスカット水準
500倍
20%
ストップレベル0
最低入金額100,000円

スキャルピングにおすすめの海外FX口座6つ目は、ThreeTraderのRawゼロ口座です。

2021年設立と運営歴は短いですが、海外FXトップクラスに安い取引コストによって中級~上級トレーダーからも高い人気があります。

コストを抑えてスキャルピングしたい方には非常におすすめの口座です。

メリット
デメリット
  • 最小0pips~の超低スプレッド
  • 口座残高によるレバレッジ制限なし
  • 初回入金額がやや高額
  • 最大レバレッジが低め
  • ボーナスキャンペーンが少ない

Rawゼロ口座は初回入金額が10万円と高額な点がデメリットですが、STP方式のPureスプレッド口座でも十分にスプレッドが狭いので、合わせて活用してみてください。

HFM(HotForex):ゼロ口座

HFM公式サイト
HFM公式サイト
スキャルピングOK
スプレッド0pips~
1ロット往復取引手数料6ドル
最大レバレッジ
ロスカット水準
2000倍
20%
ストップレベルあり
最低入金額なし

スキャルピングにおすすめの海外FX口座7つ目は、HFM(HotForex)のゼロ口座です。

HFMでは最大2000倍とハイレバでスキャルピングができることに加え、最低入金額の設定がないため、少額でも取引を開始できます。

メリット
デメリット
  • 最大2000倍のハイレバレッジ
  • 1円から利用可能
  • ストップレベルあり
  • ボーナスは対象外

HFMゼロ口座ではFX通貨ペアを0スプレッドで取引できますが、CFDなどその他の銘柄を中心に取引する方にはHFMプロ口座もおすすめです。

FXGT:ECN口座

FXGT公式サイト
FXGT公式サイト
スキャルピングOK
スプレッド0.2pips~
1ロット往復取引手数料6ドル
最大レバレッジ
ロスカット水準
1000倍
40%
ストップレベルあり
最低入金額5ドル

スキャルピングにおすすめの海外FX口8つ目は、FXGTのECN口座です。

仮想通貨銘柄のスプレッドが非常に狭く、また最大1000倍のハイレバレッジで仮想通貨を取引できるのはFXGTだけ。

仮想通貨でスキャルピングをするなら最善手とも言える海外FX業者です。

メリット
デメリット
  • 仮想通貨もレバレッジ1000倍
  • BTCを含む通貨ペアが特に低スプレッド
  • ロスカット水準が40%
  • ボーナスは利用できない

BigBoss:プロスプレッド口座

BigBoss公式サイト
BigBoss公式サイト
スキャルピングOK
スプレッド0.2pips~
1ロット往復取引手数料9ドル
最大レバレッジ
ロスカット水準
1111倍
20%
ストップレベル0
最低入金額5ドル

スキャルピングにおすすめの海外FX口座9つ目は、BigBossのプロスプレッド口座です。

USDJPY最小0.2pips~、最大レバレッジ1111倍での取引ができます。

他の海外FX口座に比べると、BigBossはややスプレッドの広がりが目立つためスキャルピングの際は注意が必要です。

メリット
デメリット
  • 最大レバレッジ1111倍
  • ポイントプログラムあり
  • CFD銘柄が取引できない
  • 時間帯によってはスプレッドが広がる

プロスプレッド口座では、最大$5,000があたるBigBossポイントプログラムへの参加も可能です。

TradeView:ILC口座

TradeView公式サイト
TradeView公式サイト
スキャルピングOK
スプレッド0.6pips~
1ロット往復取引手数料10ドル
最大レバレッジ
ロスカット水準
200倍
100%
ストップレベル0
最低入金額1,000ドル

スキャルピングにおすすめの海外FX口座10個目は、TradeViewのILC口座です。

最大レバレッジは海外FX他社に比べ低いものの、低スプレッドと約定力の高さが魅力。

また、スキャルピング特化ツールであるcTraderが利用できます。

日本語サポートが不十分で口座開設手順が煩雑など、初心者の方にとってはやや使いづらい点は注意が必要です。

メリット
デメリット
  • 安定した約定力
  • 老舗業者であり安全性が高い
  • 最大レバレッジが低い
  • 初回入金額が高額
  • 日本語サポートが不十分

海外FXのスキャルピング手法で勝てない原因

海外FXのスキャルピングは、初心者でも比較的利益を出しやすい手法の一つです。

しかし、次の原因に当てはあると、勝てないことが続いてしまうケースもあります。

海外FXのスキャルピングで勝てない原因
  • スプレッドが広がる時間帯や通貨ペアで取引している
  • 損切り・利確のルール設定があいまい
  • 通信速度や操作速度が遅い
  • 経験が浅いのにハイレバで取引している

スプレッドが広がる時間帯や通貨ペアで取引している

海外FXのスキャルピングで勝てない場合は、スプレッドが広がりやすい時間帯・通貨ペアは避ける方が無難です。

スキャルピングは短期間に頻回の注文決済を繰り返すため、その度にかかる取引コストはできるだけ抑えることが重要となります。

海外FXでスプレッドが広がりやすいのは、以下のタイミング・時間帯です。

スプレッドが広がる時間帯
  • 重要な経済指標の発表時
  • 市場のオープン・クローズ時
  • ロールオーバー(ポジション持ち越し)時

また、エキゾチック通貨やマイナー通貨は主要通貨に比べてスプレッドが広く流動性も低いため、スキャルピングのような短期トレードではあまり好まれません。

損切り・利確のルール設定があいまい

海外FXのスキャルピングで勝つためには、明確な損切り・利確のルールが必要です。

損切りや利確の基準が不明瞭だと、感情に左右された取引や損失を最小限に抑えられないリスクが高まります。

トレーダーは明確な基準を設定し、感情に左右されることなく取引を行うことが重要です。

通信速度や操作速度が遅い

海外FXのスキャルピングで勝てない場合、通信速度や操作速度が遅い可能性があります。

スキャルピングではリアルタイムの価格変動に迅速に対応することが不可欠であり、遅延があるとエントリーや決済のタイミングを逃してしまうかもしれません。

利益を最大化して損失を最小限に抑えるためには、インターネットの接続環境や取引ツールをあらためて見直してみてください。

経験が浅いのにハイレバで取引している

海外FXのスキャルピングでは、ハイレバレッジにより取引の資金効率を高めることができます。

しかし一方で、ハイレバレトレードには小さな値動きでも大きな損失を被るリスクもあるため、経験が浅いトレーダーがハイレバで取引することは危険です。

レバレッジを上げる前に、まずは市場動向に関する知識や適切な資金管理の方法を身に付けていきましょう。

また、証拠金を十分に用意して不用意なロスカットを防ぐことも有効です。

海外FXのスキャルピング手法で勝てないときの対策

続いては、海外FXのスキャルピングで勝てないときにできる具体的な対策についても見ていきましょう。

海外FXのスキャルピングのコツ
  • 取引量が多い通貨ペア・時間帯を選ぶ
  • 損切り・利確ルールを徹底する
  • 自動売買・EAを活用する
  • ボーナスを使ってトレード経験を積む

海外FXのスキャルピングのコツ①取引量が多い通貨ペア・時間帯を選ぶ

海外FXのスキャルピングでは、取引量が多い通貨ペア・時間帯を狙うことで、効率よく取引を行うことができます。

通貨ペアとしては、取引量が多くスプレッドも安定している以下の通貨が一般にスキャルピングに向いていると言われます。

通貨ペア詳細
EURUSD・世界で最も取引量が多い通貨ペア
・流動性が非常に高くスプレッドも狭い
USDJPY・日本で最も取引量が多い通貨ペア
・アメリカ、日本の経済情報は入手しやすく、指標トレードにも最適
GBPUSD・値動きが激しい
・チャンスが多い一方、適切なリスク管理が必須
海外FXのスキャルピングにおすすめの通貨ペア

取引時間帯としては、各市場のオープン時間に取引が活発になりやすい傾向があります。

主要な市場のオープン時間
  • 東京市場:8:30~10:00頃
  • ニューヨーク市場:22:00~24:00頃
  • ロンドン市場:17:00~19:00頃

海外FXのスキャルピングのコツ②損切り・利確ルールを徹底する

海外FXのスキャルピングで利益を出すなら、曖昧な基準での注文決済は厳禁です。

損切り・利確ルールを設定してそれを守ることで、ずるずるとポジションを維持して損失が膨らんでしまったり、利益獲得のタイミングを逃してしまうことを避けられるでしょう。

損切り・利確タイミングの具体例
  • キリ番での設定:
    100円、105円などキリのいい価格を利確・損切りラインに設定
  • 金額での設定:
    許容できる損失額をあらかじめ決めて損切りラインを設定
  • テクニカル指標での設定:
    買いポジションはサポートラインの少し下、売りポジションはレジスタンスラインの少し上で損切り

海外FXのスキャルピングのコツ③自動売買・EAを活用する

海外FXのスキャルピングでは、自動売買やEAを活用するのもひとつの手段です。

自動売買・EAは事前にプログラムされたアルゴリズムに基づいて自動的に取引を行うため、感情の影響を受けずに冷静な取引が可能です。

一部の海外FX業者ではEAスキャルピングが禁止されていることがあるので、事前に各社の取引規約をご確認ください。

海外FXのスキャルピングのコツ④ボーナスを使ってトレード経験を積む

海外FX業者の中には、高額のボーナスキャンペーンを提供するブローカーも存在します。

口座開設ボーナスや入金ボーナスを使えば、自己資金を抑えながらFXのトレード経験を積むことができるでしょう。

ボーナスが豪華な海外FX業者
  • XMTrading:新規口座開設13,000円
  • FXGT:新規口座開設15,000円

ただし、ECN口座を利用する場合がボーナスの適用とならないことがあるので、ご注意ください。

海外FXのスキャルピングに関するよくある質問

最後に、海外FXのスキャルピングに関するよくある質問にお答えしていきます。

海外FXでスキャルピングに向いているのはどんな人?

スキャルピングは迅速な反応と冷静な判断が求められる手法で、以下のようなトレーダーに向いている傾向があります。

  • 感情に支配されず冷静な取引ができる
  • リスクを適切に管理できる
  • インターネット接続や取引ツールなど高速で注文決済ができる環境が整っている

レバレッジが高くスキャルピングOKの海外FX業者は?

最大レバレッジが高くスキャルピングがOKな海外FX業者は、以下の通りです。

  • XMTrading:最大レバレッジ1000倍
  • FXGT:最大レバレッジ1000倍(仮想通貨取引含む)
  • HFM:最大レバレッジ2000倍

スキャルピング禁止の海外FX業者は?

海外FX業者のうち、iFOREXではスキャルピングが全面的に禁止されています。

また、指標発表時のスキャルピングやEAスキャルピングなど、一部の手法を禁止している海外FX業者もあります。

ゴールドのスキャルピングにおすすめの海外FX業者は?

ゴールド(XAUUSD)は短期的な値動きが激しく、スキャルピングでの利益獲得のチャンスが多い銘柄のひとつです。

以下の海外FX口座は、スプレッドが狭く最大レバレッジも高いため、スキャルピング取引を有利に進められる可能性があります。

  • XMTrading:KIWAMI極口座
  • Exness:ロースプレッド口座
  • ThreeTrader:Rawゼロ口座

海外FXのスキャルピングおすすめ口座まとめ

今回は、海外FXのスキャルピングに関する知識やおすすめの口座をご紹介しました。

海外FXではハイレバレッジと低スプレッドをそろえた口座が多くあり、スキャルピングのような短期トレードでは取引を有利に進められる可能性があります。

一方で、市場のトレンドや損切り・利確タイミングを冷静に判断していくスキルは必須となりますので、ボーナスを使って経験を積んだり、EAによってある程度機械的に注文決済を行う、といった方法が有効となるでしょう。

この記事を書いた人

海外FXセレクトは、クリックアンドペイ合同会社によって運営されている海外FXの総合サイトです。サイト内の情報は常にクリックアンドペイ合同会社内の"海外FXセレクト編集部"によって更新されており、トレーダーの皆さんにとって有益な内容になるよう日々調整されています。公式サイトに掲載された信頼性の高い情報やSNSに投稿された生の評判・口コミを多数掲載しておりますので、当サイトで理想の海外FX業者を見つけてみてください!

目次