MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の評判・口コミまとめ。出金できる?ボーナスは?

MiltonMarketsの評判・口コミ

この記事ではMiltonMarketsの特徴や評判について辛口に解説していきます。

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)は2015年に設立され、セーシェル共和国金融庁のライセンスを取得して運営されている海外FX業者です。

NDD方式による透明性の高い取引環境と低スプレッドが魅力ですが、日本向けの運営実績は少ないため評判や口コミが少ないため本当に使っても良いのか不安の方もいるでしょう。

では早速、MiltonMarketsはどんな人におすすめなのか、安全に利用できるかを確認していきましょう。

目次

MiltonMarketsは(ミルトンマーケッツ)どんな人におすすめ?

MiltonMarkets公式サイト
引用元:MiltonMarkets

総合点:31点/60点

安全性
5.0
レバレッジ
4.0
ボーナス
3.0
コスト
6.0
約定力
7.0
自由度
6.0
メリット
デメリット
  • 豪華なボーナスキャンペーンが実施
  • スリッページ保証がある
  • ストップレベル0で短期売買しやすい
  • NDD方式なので透明性・安全性が高い
  • MT4しか利用できない
  • 上位口座は利用条件が厳しい
  • 口コミが少なく実態が掴めない
  • チャットサポート非対応

MiltonMarketsは、高い安全性を持つ取引環境と豪華なボーナスキャンペーンを両立する海外FX業者です。

ディーリングデスクを一切介さない透明性の高いNDD方式のもと、低スプレッド・低コストの取引を行いたいトレーダーにおすすめとなっています。

また、取引の安全性の観点からいえば、特定の条件下で発生したスリッページに対して差額分を保証する制度も見逃せません。

信託保全こそ採用していないものの、取引そのものの安全性は非常に高いので、まずは口座開設ボーナスを使って使用感を試してみてはいかがでしょうか。

MiltonMarkets以外の安全性が高く豪華キャンペーンを実施している海外FX業者を知りたいという方は、当サイトのランキング記事もご覧ください。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめランキング!人気の25社を徹底比較【2024年5月版】 海外FXとは、日本以外の国に拠点を持つ海外ブローカーを介してFX取引(外国為替証拠金取引)を行うことです。 海外FXは国内とは比べ物にならないハイレバレッジや豪華なボ...

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の良い評判・口コミ

ここからは、MiltonMarketsの良い評判・口コミを見ていきましょう。

最大レバレッジは1000倍

まず1つ目の良い評判・口コミは、MiltonMarketsでは最大1000倍の高いレバレッジで取引できることです。

以下の表で、主要口座タイプごとの最大レバレッジとレバレッジ制限ルールを確認していきましょう。

口座タイプ最大
レバレッジ
口座残高と
レバレッジ制限
FLEX口座500倍・~100万円:500倍
・100万円~:200倍
SMART口座1000倍・~15万円:1000倍
・~100万円:500倍
・100万円~:200倍
ELITE口座500倍・~200万円:500倍
・~1,000万円:200倍
・1,000万円~:100倍
MiltonMarketsの最大レバレッジ

MiltonMarketsでメインの口座タイプになるSMART口座が、最大レバレッジ1000倍に対応しています。

最大レバレッジが高いことによって、より少ない必要証拠金で資金効率の良いトレードを行うことが可能です。

またMiltonMarketsはゼロカットに対応しているため、大きな損失が発生しても証拠金以上の損失はユーザーが負担する必要はなく、ハイレバレッジトレードを思う存分行うことができるでしょう。

ボーナスキャンペーンが豪華

MiltonMarketsでは、期間限定で様々なボーナスキャンペーンを行っています

以下が主なキャンペーン例です。

MiltonMarketsが定期的に開催するボーナス
  • 口座開設ボーナス5,000円
  • 55%の入金ボーナスキャンペーン

MiltonMarketsが行っているキャンペーンについては、本記事の「MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)のボーナス・キャンペーン情報」の項目で詳しく解説していますので、ぜひそちらをご確認ください。

>>MiltonMarketsの最新ボーナス情報はこちら

EAやスキャルピングの制限がない

MiltonMarketsでは、スキャルピングやEAを使用した自動売買を認めています

また、ただスキャルピングやEAを認可しているだけでなく、それらの取引をするための環境も整えているのが特徴。

特にMiltonMarketsの高速約定は有名で、多くのリクイディティプロバイダーと契約することで非常に速い約定スピードを実現しています。

リクイディティプロバイダーとは?

リクイディティプロバイダー(LP)とは、金融取引の市場へ注文を流す事業者のこと。

LPが多いほど市場の注文中は増え、市場の流動性は高くなります。

多くのLPと契約しているMiltonMarketsは約定させるための反対注文数もより多く存在するため、すぐに注文を約定させることができるのです。

MiltonMarketsの約定速度は平均0.1秒以内と速く、デイトレードはもちろんスキャルピングもしやすい海外FX業者でしょう。

またMiltonMarketsはスプレッドが狭いという特徴もあるため、スプレッドの狭い業者を利用したい人にも適しています。

ストップレベル0でスキャルピング向き

MiltonMarketsのストップレベルは全銘柄で0pipsです。

ストップレベルとは、指値や逆指値注文を入れる際にその時のレートから離さなければいけない価格圏のことで、狭いほうが取引はしやすくなります。

海外FX業者ストップレベル
(USD/JPY)
MiltonMarkets0pips
XMTrading0pips
Exness0pips
Bigboss1pips
HFM2pips
FXGT6.2pips
MiltonMarketsと主要海外FX業者のストップレベル

ストップレベルはトレードのしやすさを左右する重要な要素です。

細かい値幅を狙うことも多いスキャルピングやデイトレードでは、MiltonMarketsの狭いストップレベルは他社より有利な条件になるでしょう。

また前述したように低スプレッドもMiltonMarketsの特徴なので、スプレッドの狭さとストップレベル0を活かして取引してみてください。

スリッページ保証制度がある

MiltonMarketsには、「スリッページ保証制度」という珍しい制度があります

スリッページ保証制度では、以下の全ての条件を満たした時に注文価格と約定価格の差額が支払われます。

スリッページ保証制度が発動する条件
  • スリッページ幅が1pip以上
  • 約定時間が500ms(0.5秒)以上
  • 約定時刻が市場開場/閉場の前後60分以外
  • 約定時刻が指標発表やニュース等の前後30分以外

約定に関する保証制度は、MiltonMarketsが自社の約定力に自信を持っていることの表れですね。

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の悪い評判・口コミ

ここからは、MiltonMarketsを利用する際には知っておきたい悪い評判を確認していきましょう。

取引プラットフォームはMT4のみ。MT5/cTraderは利用不可

まず1つ目の悪い評判・口コミは、MiltonMarketsで対応している取引ツールはMT4のみとなっていることです。

MiltonMarketsはMT5やcTraderには対応しておらず、利便性としては大きなマイナスですね。

さらにMT4はメタトレーダーの古いバージョンになるため、MacではOSによって動かない場合があります。

MacユーザーがMiltonMarketsを利用するには、ウェブ版のMT4で取引するか、他のOSを搭載したデバイスを利用したほうが良いかもしれません。

ELITE口座の最低入金額は50万円と高め

MiltonMarketsで最もスプレッドの狭いELITE口座は、最低入金額が50万円と高額設定になっています。

そのため、初心者や一般的なトレーダーにとっては気軽に入金しにくく、利用が困難でしょう。

そういった資金力に不安のある方は、5,000円から入金可能なFLEX口座や1万円から取引できるSMART口座を利用してみてはいかがでしょうか。

>>FLEX口座の詳細はこちら

>>SMART口座の詳細はこちら

入出金方法でクレジットカード利用不可

MiltonMarketsが対応している入出金方法は以下の4種類で、クレジットカード・デビットカードは利用できません

MiltonMarketsで利用できる入出金方法
  • 国内銀行送金
  • bitwallet
  • STICPAY
  • 仮想通貨(USDT)

国内銀行送金と各種オンラインウォレットが利用できる点は便利ですが、カード入金を利用したい人にとっては大きなストレスになる要素といえるでしょう。

MiltonMarketsの入金にクレジットカードを使いたい人は、bitwalletやSTICPAYなどを通じて間接的に利用する必要があります。

ユーザーからの口コミが少なく、実情が掴みにくい

MiltonMarketsは日本では知名度がまだ低いため、ユーザーの口コミや評判からどんな海外FX業者か判断しにくいデメリットがあります。

海外の大手レビューサイトであるFPAでもMiltonMarketsに対する評判・口コミは少なく、情報を得にくい状況ですね。

MiltonMarketsのFPA評判
引用元:ForexPeaceArmy

ユーザーの中には負けた腹いせにネガティブな投稿を行う人もいるので、口コミからMiltonMarketsの実情を知ることは難しいのが現状です。

チャットサポート無し

MiltonMarketsでは日本語によるメール・ラインでのサポートを行っていますが、ライブチャットには対応していません

MiltonMarketsの公式サイトにあるチャットはロボットによる自動返答となっており、その精度は高いとはいえない状況となっています。

MiltonMarketsのサポートチャット

MiltoMarketsのチャットボットを利用してみましたが、機械的な反応のみで問題解決につながる回答は得られませんでした。

何かトラブルが発生したとき、そのトラブルへの対処に時間がかかる点は事前に把握しておく必要があるでしょう。

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の安全性・信頼性

ここからは、MiltonMarketsの安全性や信頼性について確認していきましょう。

この章で扱うMiltonMarketsの情報は以下の通りです。

MiltonMarketsの会社概要

MiltonMarketsの会社概要は以下の通りです。

会社名Milton Markets Ltd
住所1st Floor, The Sotheby Building, Rodney Bay,
Gros-Islet, Saint Lucia P.O. Box 838, Castries, Saint Lucia
ライセンスセーシェル共和国金融庁(FSA)
設立2015年
サポートメール・ラインによる日本語サポート
MiltonMarketsの会社概要

MiltonMarketsは、設立約20年の会社によって運営されています。

その企業の安全性を測るうえで重要な金融ライセンスはセーシェルのもののみを取得している状況。

サポート体制に関しては他社にあるようなチャットサポートがないため、運営会社の安全性・トレーダーへの誠実さにはやや不安感が残る内容となりました。

セーシェルの金融ライセンスを取得

日本を含む地域を管轄するMilton Markets Ltdは2023年にセントルシアで設立されており、そこで法人登録されています。

Milton Markets Ltdは現在のところ金融ライセンスを取得していませんが、グループ企業であるMilton Global Ltd.はセーシェル共和国金融庁(FSA)でライセンスを取得しています。

取得しているライセンスが少ないことがすぐに危険性につながるわけではありませんが、MiltonMarketsはライセンスによる信頼性の下支えが期待できません。

顧客資金の管理体制は分別管理のみ、信託保全無し

MiltonMarketsが行っている顧客資金の管理方法は分別管理であり、信託保全は行っていません

MiltonMarketsが採用している分別管理は、以下の表の左側になります。

分別管理顧客資金と会社の運営資金を別の銀行口座で管理する方法。
万一業者が破綻した場合、資金は返還されないリスクがある
信託保全顧客資金を会社の運営資金と分けて、信託銀行口座で管理する方法。
万一業者が破綻しても、業者は顧客資金を返還する義務がある

この前の章でもお伝えしている通り、MiltonMarketsの安全性にはやや疑念が残ります。

加えて信託保全が採用されていない点も踏まえると、多額の資金を口座においたままにしないなどの資産を守る工夫が必要そうです。

金融庁から警告されている

MiltonMarketsは、無登録で金融商品取引業を行う者として、平成30年1月に金融庁から警告を発せられています。

この金融庁からの警告はXMTradingをはじめ日本も有名な多くの海外FX業者が受けているため、MiltonMarketsだけが特別悪い存在というわけではありません。

警告を出されたのは業者側であって、ユーザーとしてMiltonMarketsを利用することに違法性はないのでご安心ください。

IBへのずさんな対応が話題になる

IBとは「Introducing Broker」の略で、特定の海外FX業者を紹介することで報酬を得られる仕組みです。

MiltonMarketsはこのIBへ支払う報酬について、公には説明されていない”報酬が発生しない条件”があったことがユーザーの問い合わせから判明し、話題になりました。

現在ではその問題は解消されており、トレーダーとしてMiltonMarketsを利用する分には気にする必要はありません。

ただし、MiltonMarketsがこういった対応をしていたのは事実ですし、悪質な事象が起こりうることは頭に入れておくべきでしょう。

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)のボーナス・キャンペーン情報

MiltonMarketsでは、定期的に豪華なボーナスキャンペーンが開催されています。

MiltonMarketsのボーナスキャンペーン

口座開設ボーナス5000円

MiltonMarketsでは、初めて口座開設するユーザーに対し5,000円の口座開設ボーナスを提供しています。

対象者MiltonMarketsで新規口座開設した方
対象口座・SMART口座
・FLEX口座
キャンペーン期間2023年10月1日(日)
〜終了日未定
金額5,000円
獲得方法新規口座開設&本人確認
MiltonMarketsの口座開設ボーナス

MiltonMarketsで口座開設ボーナス自体は出金できませんが、利益は出金可能です。

しかし、利益を出金するには以下の条件を満たす必要があります。

口座開設ボーナスを使って得た利益の出金条件
  • 口座開設ボーナスが取引口座に付与されてから、30日以内に3万円以上の入金を行う
  • 入金額が口座に反映された後で、FXメジャー/マイナー通貨ペアを7ロット以上取引する(それ以外の銘柄はカウントされない)

つまり、MiltonMarketsでは口座開設ボーナスだけで利益を獲得することはできません

入金しなければ、絶対に利益を出金できないのです。

MiltonMarketsで自己資金を使わずに利益を得たい、と思っている方には合っていないボーナス条件だといえますね。

入金ボーナスキャンペーン55%

MiltonMarketsでは、期間限定の入金ボーナスを定期的に開催しています。

ここでは2024年春に行われた「スタートダッシュキャンペーン」を例に、MiltonMarketsの入金ボーナスの仕様を見てみましょう。

対象者全ユーザー
対象口座タイプ・SMART口座
・FLEX口座
キャンペーン期間2024年4月30日(火)まで
金額・付与率:55%
・上限額:55万円
獲得方法・キャンペーンコードとともに入金
MiltonMarketsの入金ボーナス概要

付与率・付与上限額ともに申し分ない値といえます。

ただし、MiltonMarketsの入金ボーナスを利用する際は以下の点にご注意ください。

MiltonMarketsの入金ボーナスに関する注意点
  • 残高が0以下になった場合、ボーナスは削除される
  • 出金や口座間の資金移動を行った場合、ボーナスは削除される
  • キャンペーン期間中に出金を行うと、それ入金に対してボーナスは付与されない

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の口座タイプ

MiltonMarketsでは、一般的な3種類の取引口座タイプと、委託運用専用のPAMM口座を利用できます。

主要な3口座タイプの主な仕様を踏まえつつ、各口座タイプの特徴を見ていきましょう。

フレックス口座(FLEX口座)

口座概要フレックス口座
(FLEX口座)
口座通貨JPY/USD/EUR
最低入金額5,000円
最大レバレッジ500倍
契約サイズ1ロット=10万通貨
最小スプレッド1.7pips
取引手数料なし
ロスカット水準50%
ボーナス利用可能
MiltonMarketsのフレックス口座概要

MiltonMarketsのフレックス口座(FLEX口座)は、取引手数料が無料でボーナス利用にも対応した口座タイプ

最低入金額は5,000円で初心者でも利用しやすい口座タイプですが、最大レバレッジは500倍、スプレッドはやや広めである点は注意したいですね。

しかしながら、SMART口座というFLEX口座より優秀な口座タイプが存在するため、特別な理由がない限りFLEX口座を利用する必要はないでしょう。

スマート口座(SMART口座)

口座通貨JPY/USD/EUR
最低入金額1万円
最大レバレッジ1000倍
契約サイズ1ロット=10万通貨
最小スプレッド1.0pips
取引手数料なし
ロスカット水準50%
ボーナス利用可能
MiltonMarketsのスマート口座概要

スマート口座(SMART口座)は、MiltonMarketsにおいて最もバランスの取れた口座タイプです。

最大レバレッジ1,000倍を利用できるほか、取引手数料不要で低スプレッドな取引ができます。

さらに各種ボーナスも利用できるため、キャンぺーン目的の方も満足いただけるでしょう。

フレックス口座よりも最低入金額が5,000円上がってしまうものの、低スプレッドなど口座スペックの差を考えればスマート口座の利用がおすすめです。

エリート口座(ELITE口座)

口座通貨JPY/USD/EUR
最低入金額50万円
最大レバレッジ500倍
契約サイズ1ロット=10万通貨
最小スプレッド0.2pips
取引手数料1ロット往復0.4pips
ロスカット水準50%
ボーナス利用不可
MiltonMarketsのエリート口座概要

MiltonMarketsのエリート口座(ELITE口座)は、2024年1月にリリースされた新しい口座タイプです。

1ロットあたり0.4pipsと格安の取引手数料と最小0.2pipsのスプレッドでの取引が可能であり、裁量やEAによるスキャルピングに最適なスペックとなっています。

注意点としては、最低入金額が50万円と高額である点やボーナス利用不可なところなどでしょうか。

ただし前述の特徴がある以上、NDD方式による透明性の高い環境で狭いスプレッドを求めるトレーダーはほかの口座よりもエリート口座を利用すべきだといえそうです。

パム口座(PAMM口座)

PAMM口座は自分自身では取引を行なわず、口座内資金を運用してもらうことで利益を出す口座タイプになります。

MiltonMarketsで公開されているリーダーボードを基に運用者を決め、その方にトレードを依頼する形です。

PAMM口座の最低入金額は3万円と比較的高めですが、トレード初心者や自分でトレードする時間が作れない方におすすめの口座タイプとなっています。

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の始め方

ここからはMiltonMarketsの始め方として、口座開設方法やMT4のダウンロード・ログイン方法などを、実際の画像を交えつつ見ていきましょう。

MiltonMarketsの口座開設・登録手順

MiltonMarketsでの新規口座開設は以下の手順で行います。

MiltonaMarketsの口座開設手順
  1. 登録フォームへの入力・メールアドレスの認証
  2. 本人確認書類と住所確認書類のアップロード
  3. 必要事項の入力
  4. 取引口座の開設
STEP
登録フォームへの入力・メールアドレスの認証

まず初めに、MiltonMarkets公式サイトの登録フォームに入力し、メールアドレスの認証を行います。

MiltonMarketsの口座開設手順1
引用元:MiltonMarkets公式サイト
上の画面での入力・選択項目
  • 個人口座/法人口座の選択
  • 姓(ローマ字)
  • 名(ローマ字)
  • 居住国
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 誕生年
  • 誕生月
  • 誕生日
  • 同意事項へチェック

上記内容を入力・選択したら、「登録」をクリックします。

すぐに以下のような「メールアドレス承認のお願い」という件名のメールが送られてくるので、認証リンクをクリックしてメールアドレスの認証を行います。

MiltonMarketsの口座開設手順2

認証が無事終わると、会員ページへ移動します。

同時に、マイページへのログイン情報が記載された「Milton Markets へようこそ」という件名のメールが送られてくるのでご確認ください。

STEP
本人確認書類と住所確認書類のアップロード

引き続き、本人確認書類と住所確認書類のアップロードを行っていきましょう。

本人確認書類と住所確認書類として、以下の書類から用意しやすいものを1つずつ用意して、スマホ等で撮影しておきます。

スクロールできます
本人確認書類住所確認書類
・運転免許証
・在留カード
・住民基本台帳カード
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・パスポート
※いずれも顔写真・氏名・生年月日・有効期限が確認でき、書類全体が写ったカラー画像であること
・銀行取引明細書
・公共料金明細書
・家賃契約書
・保険契約書
・納税通知書
・固定資産税通知書
・健康保険証
・住民票
・カード明細書
・マイナンバーカード
・運転免許証
・その他公的機関発行の書類
※いずれも3ヶ月以内に発行され、登録者の氏名・住所・発行元・発行日が確認できること(本人確認書類との重複は不可)

MiltonMarketsのマイページは以下のようになっていますので、「本人確認書類」の「提出」をクリックします。

MiltonMarketsの口座開設手順3
引用元:MiltonMarkets公式サイト

以下のような書類のアップロード画面に移ります。

MiltonMarketsの口座開設手順4
引用元:MiltonMarkets公式サイト

「本人確認書類」を選択した上で「種類」や「発行国」などの情報を選択/入力します。

選択した書類の種類によって入力が必要な情報が異なりますが、名・姓の入力が求められた場合ここでは漢字で入力しましょう。

データをアップロードしたら「提出」をクリックします。

続いて、「住所確認書類」を選択して入力を行いましょう。

(その際に、画面が切り替わった場合は、マイページ左のメニューから「書類のアップロード」を選択してください)

MiltonMarketsの口座開設手順5

ここでは、書類の種類のほかに以下の項目を入力していきます。

上の画面で入力する内容
  • 国名
  • 都道府県
  • 番地・市町村
  • 郵便番号

住所はローマ字で入力しますが、番地・市町村については番地→市町村と書いていく英語表記で行います。

もしもわかりにくい場合は、日本表記の住所を英語表記に変換する「JuDress」などのサイトを利用すると良いでしょう。

また、ここで入力する住所は、同時にアップロードする住所証明書類と同じ内容になるようにご注意ください。

全て入力し終えたら、画面下の「提出」をクリックします。

STEP
必要事項の入力

続いて、必要事項を入力していきましょう。

MiltonMarketsのマイページトップの「必要入力事項」の「提出」をクリックします。

MiltonMarketsの口座開設手順6
引用元:MiltonMarkets公式サイト

「個人情報」の画面が表示されます。

MiltonMarketsの口座開設手順7
引用元:MiltonMarkets公式サイト

国籍と所在国を選択し、そして注意事項にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

以上で、MiltonMarketsの口座開設手続きは完了です。

書類の承認は基本的に1営業日中に完了します。

プロフィールの承認が完了したら登録メールアドレスまでメールが届き、取引口座を開設できるようになります。

STEP
取引口座の開設

最後に取引口座の開設を行いましょう。

取引口座の開設はプロフィール承認手続きが全て完了してから行えます。

MiltonMarketsマイページの左側のメニューから、「口座」→「取引口座開設」と開きます。

MiltonMarketsの口座開設手順8
引用元:MiltonMarkets公式サイト

以下のような口座タイプの選択画面が表示されます。

MiltonMarketsの口座開設手順9
引用元:MiltonMarkets公式サイト

口座タイプは以下から選べます。

利用・選択できる口座タイプ一覧
  • PAMMインベスター口座
  • ELITE口座
  • FLEX口座
  • SMART口座

口座タイプ選択で迷ったら、最大1000倍のレバレッジ・低スプレッド・口座開設ボーナスに対応した「SMART口座」がおすすめです。

(上記のうち、PAMM口座は委託運用の口座タイプになるので、自分で取引を行いたいトレーダーは選択する必要はありません)

口座タイプを選択したら、最大レバレッジと口座通貨を選択します。

MiltonMarketsの口座開設手順10
引用元:MiltonMarkets公式サイト

選択を終えたら「次へ」をクリックします。

次は確認画面です。

MiltonMarketsの口座開設手順11
引用元:MiltonMarkets公式サイト

内容に問題がなければ「次へ」をクリックします。

以下のように口座の情報が表示されると、取引口座の開設は完了です。

MiltonMarketsの口座開設手順12
引用元:MiltonMarkets公式サイト

ログインに必要な口座番号・サーバー名・パスワードが表示されますので、ログイン情報は大切に保管してください。

同時に「取引口座開設完了のお知らせ」という件名で、ログイン情報を記載したメールも届きますので、そちらもご確認ください。

MT4のダウンロード・ログイン方法

ここからは、MT4のダウンロードから取引口座へのログイン方法を確認していきます。

MT4のダウンロード・ログイン手順
  • マイページからMT4をダウンロードする
  • MT4のログイン画面を開く
  • MT4からリアル口座へログインする
STEP
マイページからMT4をダウンロードする

MT4はMiltonMarketsのマイページからダウンロードします。

左側のメニューから「MT4ダウンロード」を選択し、使用するデバイスに合わせてダウンロードしてください。

MiltonMarketsのMT4ダウンロード手順1
引用元:MiltonMarkets公式サイト

MT4のダウンロードとインストールは一般的なアプリと同じで、画面の指示に従ってインストールしましょう。

インストールが完了するとMT4は自動的に開きます。

STEP
MT4のログイン画面を開く

ログイン方法はいくつかありますが、今回は上部メニューの「ファイル」→「デモ口座の申請」から行う方法を見ていきます(リアル口座へのログインですが、「デモ口座の申請」から行います)。

MiltonMarketsのMT4ログイン手順1

続いて、取引サーバーの選択画面が表示されます。

MiltonMarketsのMT4ログイン手順2

「MiltonGlobal-Platform」を選択して「次へ」をクリックします。

(取引口座を開設すると、サーバー名として「MiltonTech-Platform」と表示されることがありますが、2024年4月からサーバー名は「MiltonGlobal-Platform」へと変更されています)

STEP
MT4からリアル口座へログインする

次はログイン画面です。

MiltonMarketsのMT4ログイン手順3

「既存のアカウント」を選択して、「ログイン(口座番号)」と「パスワード」を入力し、最後に「完了」をクリックします。

もしログインできない場合は、インターネットの接続状況を確認した上で、ログインの口座番号・パスワード・取引サーバーに誤りがないかもう一度ご確認ください。

MiltonMarketsの入金方法・手数料

MiltonMarketsでは、4種類の入金方法を利用できます。

入金方法入金手数料反映時間
国内銀行送金無料※11営業日
bitwallet無料即時
STICPAY無料即時
USDT無料※21営業日
MiltonMarketsの入金方法概要

※1 送金手数料はユーザー負担です
※2 口座通貨がUSD以外の場合は両替手数料2%が発生します

国内銀行送金の最低入金額は1万円になるので、それ以下の金額を入金したい場合はbitwalletなどを使わなくてはいけません。

また、MiltonMarketsでは出金には入金時と同じ方法を利用するというルールがあります。

そのため、例えば国内銀行送金で入金した場合は出金にも銀行送金を選ばなければいけないので、入金方法は出金方法も考慮しつつ選ぶと良いでしょう。

MiltonMarketsの出金方法・手数料

MiltonMarketsでは4種類の出金方法を利用できます。

出金方法出金手数料出金時間
国内銀行送金3.5%3〜5営業日
bitwallet無料3〜5営業日
STICPAY無料3〜5営業日
USDT無料3〜5営業日
MiltonMarketsの入金方法概要

MiltonMarketsでは4つの出金方法に対応していますが、国内銀行送金で出金する際にのみ手数料がかかります。

出金先の手数料も含めたコストを抑えたい場合はbitwalletで入出金するのがおすすめです。

STICPAYなどを利用した出金では、出金先で高額な手数料が発生することがあるので注意しましょう。

また、いずれの出金方法でも月2回目以降の出金では3,000円の手数料が発生する点は覚えておく必要がありますね。

よくある質問

最後によくある質問をご紹介します。

気になる質問があれば、下記リンクをクリックしてみてくださいね。

MiltonMarketsの特徴は?

MiltonMarketsの特徴は完全NDD方式による透明性の高い取引環境・ハイレバレッジ・高速約定・低スプレッドです。

ただし、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのキャンペーンも行っており、新規ユーザーでも挑戦しやすい環境が整っています。

MiltonMarketsは詐欺FX業者?

結論からいうと、MiltonMarketsは詐欺FX業者ではありません

ネット上には、「MiltonMarketsが出金拒否をした」や「出金が遅い」などの口コミが見られることがありますが、NDD方式を採用しているMiltonMarketsが詐欺のような悪質な出金拒否を行う可能性は通常考えにくいことです。

ユーザー側の禁止行為やルール違反によって出金拒否や出金の遅延が発生する可能性はあるので、以下のような行為は行わないようにお気をつけください。

MiltonMarketsでの禁止事項
  • 個人・グループでの、複数口座を利用した両建て
  • 第三者による口座の管理
  • レバレッジやボーナスの悪用
  • 裁定取引
  • システムの欠陥を利用した取引
  • 詐欺的な行為やそれが疑われる行為

MiltonMarketsのスプレッドは狭い?

口座タイプによってスプレッドは異なりますが、MiltonMarketsは海外FXの中でも狭いスプレッドを提供しています。

主要通貨ペアのスプレッドは、以下の表を参考にしてください。

スクロールできます
FX通貨ペアFLEX口座SMART口座ELITE口座
USDJPY1.91.30.3(0.7)
EURUSD1.71.00.2(0.6)
GBPUSD2.21.50.7(1.1)
EURJPY2.31.60.4(0.8)
口座タイプごとの平均スプレッド

※カッコ内は取引手数料を含む実質的なスプレッド

MiltonMarketsはEAに制限がある?

MiltonMarketsではEAの使用に制限はありません

EAで行う取引がMiltonMarketsの禁止事項に抵触していなければ自由に利用することが可能です。

スキャルピングは可能?

MiltonMarketsはスキャルピングを認めています

大きな金額を取引するハイレバトレードが主軸の方はスマート口座、通常のスキャルピングを行う方はスプレッドが最も狭いエリート口座を利用するといいでしょう。

ゼロカットに対応している?

MiltonMarketsはゼロカットに対応しており、万一口座残高以上の損失が出てもマイナス分の追証はユーザーに発生しません。

ただし、ユーザーが禁止行為を行っていた場合はゼロカットの対象外となる可能性があります。

また、MiltonMarketsのゼロカットは個人口座のみに適用され、法人口座では適用されません。

キャッシュバックキャンペーンはある?

MiltonMarketsでは、不定期で口座開設ボーナスや入金ボーナスを実施しています。

ただしどれも不定期開催で、常時開催されているキャンペーンはない点には注意しましょう。

MiltonMarketsは日本語対応?日本人スタッフがいるって本当?

MiltonMarketsは公式サイト・サポートともに日本語に対応しています。

サポートは日本人スタッフによって対応されるので、もしわからないことがあっても丁寧な対応を受けられます。

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の評判・口コミまとめ

今回はMiltonMarkets(ミルトン マーケッツ)について、特徴や評判、ウワサなどにも触れながら業者の概要を解説してきました。

NDD方式による高い取引環境と低スプレッドが魅力の業者なので、スキャルピングやデイトレードを行うトレーダーにおすすめですね。

MiltonMarketsには、利用できるプラットフォームがMT4だけなどのデメリットもありますが、裁量トレードはもちろん、EAによる自動売買を行いたいシステムトレーダーに取引しやすい環境となっています。

2024年1月から5,000円の口座開設ボーナスも提供しているので、まだMiltonMarketsで口座開設していない新規ユーザーはこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

海外FXセレクトは、クリックアンドペイ合同会社によって運営されている海外FXの総合サイトです。サイト内の情報は常にクリックアンドペイ合同会社内の"海外FXセレクト編集部"によって更新されており、トレーダーの皆さんにとって有益な内容になるよう日々調整されています。公式サイトに掲載された信頼性の高い情報やSNSに投稿された生の評判・口コミを多数掲載しておりますので、当サイトで理想の海外FX業者を見つけてみてください!

目次