LandPrimeの評判&口コミまとめ:メリットと注意点を完全解説

LandPrimeはLandFXとして2013年に設立され、2023年からLandPrimeとブランド名を改めて運営されている海外FX業者です。

最大2000倍のレバレッジや超低スプレッドのECN口座がLandPrimeのメリットですが、その一方で、口座開設ボーナスを行っておらず出金遅延や出金拒否に関する評判・噂もあるため、実際はどんな海外FX業者なのか気になりますよね。

この記事では、メリット・デメリット・安全性などの情報をもとに、LandPrimeについて総合的に解説します。

結論、安全性に疑問が残るためハイレバレッジ・低スプレッドの海外FX業者を使いたい方はLandPrime以外の海外FX業者がおすすめです。

海外FX業者業者スペック
logo-xmtrading
XMTrading
【日本人人気No.1!】
◆ボーナス多数&自己資金0で取引可能
◆だれでも使いやすい万能な取引環境。
◆人気No.1&老舗だから海外FX初心者でも安心
\ボーナスで取引開始/
無料で開設する
logo-axiory
AXIORY
【高い安全性&取引環境の両立!】
◆出金拒否なし&運営の透明性が高くて安心
◆会社倒産時でも資金返還される保障あり◎
◆取引コストに優れ、取引環境はトップクラス!
\安全性にこだわるなら/
無料で開設する
logo-exness
Exness
【圧倒的な取引環境&爆益も!】
◆海外FXで唯一レバレッジ無制限に対応!
◆取引環境が良いから誰でも利益を出しやすい。
◆面倒な本人確認書類の提出なしで取引可
\しっかり稼ぐなら/
無料で開設する
スキャルピングOK・ハイスペックのおすすめ海外FX業者
目次

LandPrime(LandFX)はどんな人におすすめ?

LandPrime公式サイト
LandPrime公式サイト

総合点:35点/60点

安全性
7.0
レバレッジ
7.0
ボーナス
2.0
コスト
7.0
約定力
5.0
自由度
7.0

LandPrime(LandFX)がどのような人向きのFX業者なのかを知るために、まずはメリット・デメリットを見ていきましょう。

LandPrimeの良い評判・口コミ
LandPrimeの悪い評判・口コミ
  • 最大レバレッジが驚異の2,000倍
  • レバレッジ制限も緩く、高い資金効率が維持できる
  • ロスカット水準が0%で取引のしやすさ◎
  • ボーナスキャンペーンなし
  • ECN口座は最低入金額が10万円
  • 過去には出金遅延やサーバーダウンが発生

上記内容を踏まえた上で、LandPrimeをおすすめできる方は以下の通りです。

LandPrimeがおすすめな人
  • 資金が少なく、最大レバレッジの高い業者で取引したい方
  • 多額の資金と高いレバレッジを活用して、資金効率良く取引したい方
  • ハイレバトレードをしたい方

LandPrimeは、なんといってもその最大レバレッジの高さが特徴の海外FX業者。

とはいえ、過去に出金遅延・出金拒否を起こしたりサーバーダウンを頻発させたことから安全性には疑問が残ります。

そのため、ハイレバッジの海外FX業者に興味がある!安全な業者を使いたい!という方は以下の海外FX業者がおすすめです。

海外FX業者業者スペック
logo-xmtrading
XMTrading
【日本人人気No.1!】
◆ボーナス多数&自己資金0で取引可能
◆だれでも使いやすい万能な取引環境。
◆人気No.1&老舗だから海外FX初心者でも安心
\ボーナスで取引開始/
無料で開設する
logo-axiory
AXIORY
【高い安全性&取引環境の両立!】
◆出金拒否なし&運営の透明性が高くて安心
◆会社倒産時でも資金返還される保障あり◎
◆取引コストに優れ、取引環境はトップクラス!
\安全性にこだわるなら/
無料で開設する
logo-exness
Exness
【圧倒的な取引環境&爆益も!】
◆海外FXで唯一レバレッジ無制限に対応!
◆取引環境が良いから誰でも利益を出しやすい。
◆面倒な本人確認書類の提出なしで取引可
\しっかり稼ぐなら/
無料で開設する
スキャルピングOK・ハイスペックのおすすめ海外FX業者

LandPrime以外の海外FX業者が気になるという方は以下のランキング記事をご覧ください。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめランキング!人気の25社を徹底比較【2024年5月版】 海外FXとは、日本以外の国に拠点を持つ海外ブローカーを介してFX取引(外国為替証拠金取引)を行うことです。 海外FXは国内とは比べ物にならないハイレバレッジや豪華なボ...

LandPrime(LandFX)の良い評判・メリット

まず最初はLandPrimeを利用する際のメリットとして、3つのポイントを詳しく解説していきます。

良い評判①最大2000倍のハイレバレッジ

LandPrimeの「Pro口座」では、最大2000倍という海外FXの中でも高いレバレッジを利用して取引が可能です。

最大レバレッジがほかの海外FX業者に比べて高いため、ポジションを持つ際の必要証拠金がさらに少額で済みます。

ここで、ドル円を1万通貨取引する場合の必要証拠金を業者ごとに比較してみましょう(2024年3月時点)。

最大レバレッジ必要証拠金
LandFX2,000倍約750円
海外FX業者A500倍約3,020円
国内FX業者25倍約60,540円
LandPrimeとその他海外FX業者における必要証拠金額

上記表を見てわかるように、最大レバレッジ2,000倍のLandPrimeでは少ない資金でFX取引を行えることが分かりますね。

口座の証拠金に対して大きな数量で取引するハイレバトレードをしやすいことも、必要証拠金を少なくできる高い最大レバレッジのメリットでしょう。

ただし、LandPrimeのレバレッジには以下のルールがあるので注意してください。

LandPrime(LandFX)のレバレッジに関する注意点
  • ECN口座の最大レバレッジは1000倍。
  • 最大2000倍のレバレッジは、通貨ペアと貴金属CFDのみに適用。
  • 一部のFXマイナー通貨ペアとエキゾチック通貨ペア、貴金属以外のCFD銘柄では固定レバレッジが適用。

また、FX通貨ペアなど最大2,000倍(ECN口座では1000倍)のレバレッジが適用される銘柄では、以下のような口座残高や取引時間によるレバレッジ制限があります。

LandPrime(LandFX)のレバレッジ制限ルール
  • 口座残高によるレバレッジ制限がある
  • 重要な指標発表等の10分前~発表5分後は、最大レバレッジが200倍に制限。
  • 市場閉場15分前から開場5分後は、最大レバレッジは200倍に制限。
  • クリスマスなど重要な祝日の際には、レバレッジ調整が行われる場合あり。

LandPrimeの口座残高によるレバレッジ制限については、以下の表をご確認ください。

証拠金額(USD)最大レバレッジ
0~4,9992,000倍
5,000〜29,9991,000倍
30,000〜199,999500倍
200,000〜200倍
LandPrime(LandFX)の口座残高と最大レバレッジの関係

良い評判②ロスカット水準が0%と低い

LandPrimeのロスカット水準は0%と極めて低い設定です。

ロスカット水準が低いほど証拠金を余すことなく使ってトレードできるので、特にハイレバで取引するトレーダーにとって好条件でしょう。

ちなみに、LandPrimeのマージンコールとロスカットの水準は口座タイプによって異なります。

Pro口座ECN口座
 マージンコール水準30%
50%
ロスカット水準0%30%
各口座のマージンコール・ロスカット水準

ECN口座のロスカット水準は30%ですが、ECN口座としては比較的低水準の数値です。

良い評判③スプレッドが狭い

LandPrimeが提供する2つの口座タイプのうち、ECN口座では狭いスプレッド、少ない取引手数料で取引できます。

以下の表で、LandPrimeのPro口座とECN口座における主要FX通貨ペアの平均スプレッドを見てみましょう。

Pro口座ECN口座
 USDJPY2.1pips0.6pips
(1.2pips)
EURUSD1.9pips0.2pips
(0.8pips)
GBPUSD2.2pips0.5pips
(1.1pips)
EURJPY2.8pips0.6pips
(1.2pips)
LandPrime(LandFX)における各口座の取引コスト

※()内は取引手数料込みの数値

ECN口座では取引手数料を含めても1pips前後のスプレッドで済むため、競合他社と比べて十分に低コストといえます。

LandPrime(LandFX)の悪い評判・デメリット

ここからは、LandPrimeを利用する上で気になる悪い評判・口コミについて確認しましょう。

悪い評判①ボーナスキャンペーンは一切なし

LandPrimeでは入金ボーナスや口座開設ボーナスなど、常時提供しているボーナスキャンペーンはありません

ただしLandPrimeは常設のボーナスキャンペーンがないだけで、不定期のキャンペーンは開催されます。

LandPrime(LandFX)が実施した過去のボーナス
  • 最大50万円の30%入金ボーナス
  • 不定期のキャッシュバックキャンペーン

LandPrimeでボーナスを利用したトレードを行いたい人は、最新情報をチェックすると良いでしょう。

悪い評判②ECN口座の最低入金額が高い

LandPrimeにおいて最も低スプレッドなECN口座の最低入金額は10万円となっており、初心者が気軽に入金できる金額ではありません。

LandPrimeのもう1つの口座タイプであるPro口座は最低入金額が1,000円と低いものの、スプレッドは広い上に常時提供のボーナスもないので、他の海外FX業者と比べると魅力は少なめです。

そのため、LandPrimeはある程度FXに慣れて資金に余裕がある中上級者向けといえるでしょう。

悪い評判③スリッページが発生する

LandPrimeでは、スリッページに関する悪い評判がネット上に見られます

しかしNDD方式を採用している海外FXでは、スリッページは発生し得るものとして考えなければいけません。

ここで、NDD方式とDD方式でスリッページや約定拒否に関する特徴を確認しましょう。

スクロールできます
NDD方式・注文はインターバンク市場で執行されるため、
マッチする注文が市場にないと約定が遅延する。
スリッページが起こり得る
基本的に約定拒否やリクオートは起きない
DD方式・顧客はFX業者と取引する仕組みなので、
FX業者が受けられない注文は約定されない。
約定拒否やリクオートが起こり得る
基本的にスリッページは起きない
NDD方式・DD方式の違い

LandPrimeでは、エクイニクスを始めとした世界有数のデータセンターと契約しており、約定力は低いわけではありません。

しかしそれでも、指標発表等のボラティリティが高まっているタイミングや大きいロット数で取引する際などは、スリッページが起きる可能性があると知っておいたほうが良いでしょう。

悪い評判④出金拒否・出金遅延の報告がある

LandPrimeでは、出金遅延や出金拒否が発生するという評判があります。

実際、LandPrimeでは2022年に遅延が発生したことがあるようです。

一方、LandPrimeは金融ライセンスによって安全性が担保されたFX業者であるため、執行された出金拒否に悪質性はないと考えていいでしょう。

以下のような違反行為があった場合は出金拒否される可能性があるので、LandPrimeの利用時は注意しましょう。

出金拒否・凍結につながる禁止事項
  • 複数口座を使った両建て
  • ゼロカットの乱用となるハイレバ取引
  • ボーナスキャンペーンの悪用
  • 複数アカウント開設などの利用違反
  • 裁定取引(アービトラージ)
  • サーバーやシステムへ負荷をかける行為

悪い評判⑤過去にサーバーダウンが発生

LandPrimeでは、2019年に大規模なサーバーダウンが発生したことがあります。

この出来事が海外FXトレーダーに与えた印象は大きく、「LandPrime=サーバーが弱い」といった評判が残っているのです。

「LandPrimeではサーバーダウンが頻発する」という評判は間違っていますが、過去にはそうした出来事があったこと、そして補填がされたことは知っておいて損はないでしょう。

LandPrime(LandFX)の安全性・信頼性

ここからは、会社概要やライセンスから、LandPrimeの安全性や信頼性を確認しましょう。

LandPrime(LandFX)とは?会社概要

設立2013年
運営会社Land Prime Ltd.
登録住所Suite 305, Griffith Corporate Centre, Beachmont, Kingstown, St. Vincent and the Grenadines
ライセンスセントビンセント・グレナディーン金融庁(SVGFSA:23627 IBC 2016)
資金管理方法分別管理
サポート・メール
・チャット
※日本語に対応
LandPrime(LandFX)の概要

LandPrime(LandFX)は2013年よりサービスを提供している海外FX業者です。

2023年にLandFXからLandPrimeへとブランド名を変更してからは、低スプレッドを始めとした取引環境に重点を置くほか、コピートレードやPAMMなど運用サービスも提供しています。

LandPrimeの顧客資金管理方法は分別管理のみであり、信託保全を行っていない点は利用時の注意点として挙げられるでしょう。

分別管理・信託保全とは?

分別管理は、会社の運営資金と顧客の資金を別々の銀行口座で管理する方法であり、海外FXとしては一般的です。

信託保全とは、顧客資金を運営資金とは別の銀行口座で保全し、万一業者が破綻した際には返還の義務を課す制度です。国内FX業者はこの仕組み導入を義務付けられています。

金融ライセンスを取得している

LandPrimeでは、グループとして複数の金融ライセンスを取得しています。

スクロールできます
取得ライセンス
Land Prime Ltd.
(日本市場を管轄)
セントビンセント・グレナディーン金融庁
(SVGFSA:23627 IBC 2016)
LandFX UK Ltd.英国金融行動監視機構
(FCA:709866)
LandPrime(LandFX)が取得する金融ライセンス

日本を含む地域に対してサービスを行っているLand Prime Ltd.は、セントビンセント・グレナディーン金融庁のライセンスを取得しています。

グループ関連企業であるLandFX UK Ltd.では、世界でも最も取得が難しいライセンスの一つとされる英国金融行動監視機構を取得しており、高い信頼性がありますね。

ライセンスを保有するには公的な規制を受けて法令を遵守する必要があるので、取得しているFX業者には一定の信頼性があるといえます。

海外FXレビューサイトFPAの評価・評判

FPAという海外FXレビューサイトにおいて、LandPrimeはSCAM認定を受けておらず、健全な業者として登録されています。

FPAにはユーザーレビューによる5点満点のレーティングがありますが、LandPrimeのスコアは「2.923点(レビュー数52)」です。

FPAにおけるlandprime(landfx)の評価

優良海外FX業者として有名なXMでも「3.121点(レビュー数687)」なので、LandPrimeは平均的な評価のFX業者として認識されているといえるでしょう。

低い点数をつけているユーザーの多くがLandPrimeの出金に関する問題を挙げていますが、出金拒否はユーザー側に問題がある可能性が高い点をレビューを確認時に考慮しなければなりません。

LandPrime(LandFX)の口座タイプ

LandPrimeでは4つの口座タイプを選択できます。

スクロールできます
Pro口座ECN口座Asianスタンダード口座スワップフリー口座
 最低入金額1,000円10万円50ドル1,000円
最大レバレッジ2,000倍1,000倍1,000倍2,000倍
取引可能銘柄全銘柄・FX通貨ペア
・ゴールド
・シルバー
全銘柄・FX通貨ペア
・ゴールド
取引ツール・MT4
・MT5
・MT4
・MT5
・MT4
・MT5
・MT4
・MT5
ロスカット水準0%30%30%0%
取引手数料なし往復0.6pips
※1lotごと
なしなし
LandPrimeの口座タイプ比較

上記のうち「Asianスタンダード口座」と「スワップフリー口座」は通常は選択項目に表示されていませんが、使用言語で英語などを選ぶと選択可能になります。

ただしこの2つの口座タイプは期間限定のボーナスキャンペーンの対象外になるほか、Asianスタンダード口座のスペックはPro口座より劣るため、あえて選択する必要はないでしょう。

上記を踏まえた上で、ここからは日本語版で提供されているPro口座とECN口座、加えてスワップフリー口座について詳しく見ていきます。

各口座タイプの詳細へジャンプ!

PRO口座

LandPrimeのPro口座は、一般的な海外FX業者でのスタンダード口座の位置づけにあたる口座タイプです。

Pro口座には、最大2000倍の高いレバレッジ・利用しやすい最低入金額・取引手数料不要・LandFXが扱う全銘柄を取引可能などのメリットがあります。

LandPrimeではFX通貨ペアに加えて、貴金属(ゴールド・シルバー)・エネルギー・インデックスを取引可能なので、CFD銘柄も取引したい人にも向いていますね。

さらに、LandPrimeが入金ボーナスなどを行う場合は、Pro口座がキャンペーン対象口座になりますが、ボーナスを利用する場合は、最大レバレッジが500倍に制限される点にご注意ください。

スプレッドは広いものの、LandPrimeが提供するサービスに幅広く対応しており、初心者から上級者まで使いやすい口座タイプといえるでしょう。

ECN口座

LandPrimeのECN口座は、ECN方式による透明性の高い取引環境のもとで、低スプレッドと高速約定を提供する口座タイプです。

スプレッドはユーロドルなどの主要通貨ペアで最小0pipsとなっており、そこに1ロットあたり往復0.6pipsの取引手数料が加算されます。

また、ECN口座としては珍しく最大1000倍のレバレッジを提供している点は強みですね。

注意点としては、最低入金額が10万円と高いことや取引銘柄が限られていることですが、取引コストを最重要視する方には最もおすすめできる口座タイプです。

スワップフリー口座

LandPrimeのスワップフリー口座は、特定のFX通貨ペアとゴールドを対象にスワップポイントの発生しない取引が可能な口座タイプです。

使用言語で日本語以外を選ぶと表示され、口座開設可能になります。

最大2000倍のレバレッジなどPro口座と似ている部分もありますが、スワップフリー口座のスプレッドはPro口座よりも狭いので、そうした点もメリットに挙げられるでしょう。

スイングトレーダーなどにとってスワップがかからないのは魅力的ですが、スワップフリー口座でもポジションを1週間以上保持した場合はスワップポイントが発生する点に注意が必要です。

LandPrime(LandFX)の始め方

ここからは、LandPrimeを実際に始める手順として、口座開設方法や対応している入出金方法などについて確認していきたいと思います。

LandPrime(LandFX)の口座開設方法

LandPrimeでは2つの口座開設方法があります。

LandPrime(LandFX)における口座開設方法

エクスプレス口座開設の手順

LandPrimeのエクスプレス口座開設はすぐに取引を始めたい人向けの方法で、名前・生年月日・メールアドレス・電話番号だけで口座開設できます

STEP
LandPrimeの公式サイトを開く

まずは、下記URLよりLandPrime公式サイトのトップページを開いてください。

>>LandPrime公式サイトはこちら

STEP
必要項目の入力

下記のようなページが開いたら、必要項目を入力しましょう。

landprime(landfx)の口座開設画面
エクスプレス口座開設ページでの入力項目
  • 名前
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号

エクスプレス口座には1ヶ月の使用期限と入出金制限があり、全ての機能を使うには本人確認書類のアップロードや正式な登録が必要になります。

通常の口座開設手順

続いて、通常の口座開設方法を見ていきましょう。

口座開設はおおむね以下の流れで行います。

LandPrime(LandFX)の口座開設手順
  1. 口座タイプの選択
  2. 個人情報の入力
  3. 資産状況や取引経験などの入力
  4. 身分証明書類・住所証明書類の提出
  5. 利用規約などへの同意
STEP
口座タイプの選択

まずは、LandPrime公式サイトの本口座開設ページを開きます。

>>LandPrime公式サイトはこちら

法人口座か個人口座の選択を行った上で、以下の項目を順番に入力していきましょう。

まず最初は口座タイプの選択です。

landprime(landfx)の口座タイプ選択画面
このステップで必要な入力項目
  • プラットフォーム
  • 口座タイプ
  • 通貨の選択
  • レバレッジ
  • プロモーション

プラットフォームはMT5がおすすめですが、EA(自動売買)を使用するなどの目的がある場合はMT4を選択すると良いでしょう。

プロモーションの選択肢もありますが、キャンペーン期間外でもこの項目はあるためご注意ください。

また、プロモーションで「-」を選択すると最大レバレッジ2000倍が選べるようになります。

STEP
個人情報の入力

次は個人情報の入力です。

landprime(landfx)の個人情報入力画面
この画面での入力項目
  • 名前
  • 苗字
  • 性別
  • 国籍
  • 生年月日

ここで入力する名前は入出金などにも使う口座名義になるので、ローマ字で正しく入力します。

次は連絡先情報の入力です。

landprime(landfx)の連絡先入力画面
この画面での入力項目
  • 携帯電話番号(SMSによる確認)
  • メールアドレス
  • 居住国
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 番地、建物名など
  • 郵便番号

ここでは、SMSによる電話番号認証が必要になります。

携帯電話番号を入力したら「SMS受信」を選択し、送られてきた4桁の数字を入力してください。

また、住所についてもローマ字入力を行いますが、「番地、建物名など」は番地→町名の順番になる英語表記で入力しましょう。

全てを入力したら「次へ」を選択します。

STEP
資産状況や取引経験などの入力

次のページに移ったら、「資産情報&雇用状況」と「取引経験」を選択します。

landprime(landfx)のアンケート画面

いくつかの選択項目がありますが、この選択によって口座開設を断られることはありません。

アンケートだと思って気軽に入力しましょう。

STEP
身分証明書類・住所証明書類のアップロード

次は、身分証明書と居住証明書(住所証明書)のアップロードです。

身分証明書の登録画面

landprime(landfx)の本人確認書類アップ画面

居住証明書の登録画面

landprime(landfx)の居住証明書アップ画面

本人確認のための身分証明書および居住証明書として、以下の書類から都合のよいものを1つずつ選び、スマホなどで撮影して画像データをアップロードします。

身分証明書※1・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
居住証明書※2・住民票
・銀行明細書
・カード明細書
・公共料金領収明細書
LandPrimeで使用できる証明書

※1:いずれも有効期限内のもの

※2:いずれも発行後3ヶ月以内。名前/住所/発行日/発行機関の記載必須

全ての項目を入力したら、「次へ」を選択します。

STEP
利用規約などへの同意

最後のページは利用規約や追加リスク開示への同意です。

この項目を進めると口座開設手続きは完了となり、登録アドレスにログイン情報等が記載されたメールが届くのでご確認ください。

本人確認には1〜2営業日ほどかかり、承認されると口座開設完了となります。

LandPrime(LandFX)の入金方法・手数料

LandPrimeでは、以下の入金方法に対応しています。

スクロールできます
入金方法最低入金額入金手数料反映時間
国内銀行送金5万円5万円営業時間内で1〜2時間
STICPAY5ドルなし
送金手数料はユーザー負担
即時〜1時間
bitwallet5ドルなし即時〜1時間
クレジットカード※
(VISA/MasterCard)
1万円なし即時〜1時間
BINANCE PAY10 USDTなし1時間
ビットコイン1万円なし1〜2時間
USDT1万円なし1時間
各入金方法の概要

※クレジットカード入金は現在一時停止中

LandPrimeでは基本的に入金手数料なしですが、最低入金額以下の入金に対しては手数料が発生するのでご注意ください。

多くの入金方法に対応しているLandPrimeですが、一番おすすめの入金方法は国内銀行送金ですね。

できるだけ早く取引口座へ入金したい場合は、bitwalletやSTICPAYなども利用しやすい方法です。

LandPrime(LandFX)の出金方法・手数料

LandPrimeでは、以下の出金方法に対応しています。

出金方法出金手数料出金時間
国内銀行送金30ドル1〜2営業日
STICPAY0.3ドル+2.5%1営業日
bitwallet無料1営業日
各出金方法の概要

LandPrimeでの出金ルールに「必要ロット数を取引してから出金する」というものがあります。

LandPrimeにおいて基本的に入金手数料は無料ですが、必要ロット数をクリアせずに出金すると手数料(3.9%+0.29ドル)が出金時に上乗せされるのでご注意ください。

必要ロット数は入金額100ドルに対して2ロットの割合となっており、例えば500ドルを入金したら出金までに10ロットを取引しないと手数料が加算されることになります。

また、LandPrimeの出金では以下の点にご注意ください。

LandPrime(LandFX)出金時の注意点
  • bitwalletで出金できるのは入金額まで
  • bitwalletまたは仮想通貨入金を利用した場合、利益の出金は銀行送金などで行う
  • 本人確認を完了しないと出金はできない
  • 土日祝日は出金処理は行われない

MT4・MT5のダウンロード・ログイン方法

LandPrimeは、取引ツールとしてMT4・MT5に対応しています。

まだMT4・MT5を持っていない人は、LandPrime公式サイトからダウンロードしてください。

LandPrime公式サイト(MT5ダウンロードページ)

今回はPC版MT5のダウンロード・インストール方法を見ていきます。

LandPrime(LandFX)のMT5ダウンロード手順
  • 公式サイトからMT5をダウンロード
  • MT5から取引口座へログイン
STEP
公式サイトからMT5をダウンロード

プラットフォームのページは以下のようになっており、「MT5ダウンロード」をクリックするとダウンロードできます。

landprime(landfx)のMT5ダウンロード画面

ダウンロード自体はセットアップファイルを保存・展開して、インストールしていく流れになります。

STEP
MT5から取引口座へログイン

続いて、MT5からLandPrimeの取引口座へログインします。

MT5を起動したら、上部メニューの「ファイル」から「口座を開く」を選択してください。

MT5のログイン画面①

「会社一覧」の中にある「Land Prime Ltd.」を選択し、「次へ」をクリックします。

MT5のログイン画面②

「口座を開設する」という画面に移るので、「既存の取引口座と接続する」を選択して、ログイン情報を入力/選択します。

MT5のログイン画面③

ログインには以下3つの情報が必要です。

ログイン時の必要項目
  • ログインID(取引口座番号)
  • パスワード
  • サーバー(プルダウンから選択)

これらはLandPrimeで口座開設した際に送られてくる「【Land Prime】 口座開設が完了しました。」という件名のメールに記載されています。

全ての項目を入力したら、「完了」をクリックしてログインしましょう。

もしログインに失敗したら、上記3つのログイン情報に誤りがないか、または機器のインターネット接続状況などを再度ご確認ください。

よくある質問

最後は、LandPrimeに関するよくある質問にお答えします。

LandPrime(LandFX)では口座開設ボーナスはありますか?

LandPrimeは、口座開設ボーナスを行っていません

しかし、過去には口座開設ボーナスを提供していた時期もあるので、今後再開される可能性はゼロではないでしょう。

入金ボーナスはありますか?

LandPrimeには、常時提供している入金ボーナスはありません。

しかし、期間限定で入金ボーナスキャンペーンを開催することがあるので、興味のある人はLandPrime公式サイトなどでこまめに情報を確認してみてください。

ゼロカットはありますか?

LandPrimeでは、ゼロカット(マイナスリカバリー制度)があります。

損失によって口座残高以上の損失が出ても、マイナス分はLandFXが負担し残高はゼロに戻されるので、ユーザーに追証はありません。

ただし、規約違反となるような取引(他口座間の両建てやゼロカットの乱用など)に対しては、ゼロカットされない可能性もあるためご注意ください。

最低入金額はいくらですか?

LandPrimeの最低入金額は、口座タイプと入金方法によって異なるので、それぞれを比較して高い方が最低入金額になります。

口座タイプごとの最低入金額は、Pro口座で1,000円、ECN口座で10万円です。

入金方法の最低入金額は、STICPAYやbitwalletで5ドル、国内銀行送金は5万円となっています。

例えば、Pro口座に国内銀行送金で入金する場合は、最低入金額は1,000円ではなく5万円と考えたほうが適切です。

デモ口座は開設できますか?

LandPrimeでは、デモ口座を開設して、リスクをかけずに練習取引を行えます

デモ口座の開設は、LandPrime公式サイトのメニューから「口座開設」→「デモ口座」から行なえます。

LandPrime(LandFX)の評判・口コミ・評価まとめ

今回は、海外FX業者のLandPrime(LandFX)について、メリットやデメリット、そして評判や安全性などを総合的に見てきました。

口座開設ボーナスや入金ボーナスを使って取引したいトレーダーにはやや不向きの業者ですが、ECN口座の低スプレッド・低コスト取引に魅力を感じるトレーダーにはおすすめできます。

過去にはサーバーダウンや出金遅延があったため、ネット上にはネガティブな評判が残っているLandPrimeですが、基本的には優良な運営を続けている業者ですので、興味のある人は利用を検討してみてくださいね。

この記事を書いた人

海外FXセレクトは、クリックアンドペイ合同会社によって運営されている海外FXの総合サイトです。サイト内の情報は常にクリックアンドペイ合同会社内の"海外FXセレクト編集部"によって更新されており、トレーダーの皆さんにとって有益な内容になるよう日々調整されています。公式サイトに掲載された信頼性の高い情報やSNSに投稿された生の評判・口コミを多数掲載しておりますので、当サイトで理想の海外FX業者を見つけてみてください!

目次