FX業者VantageTradingの評判・口コミ解説。出金できない噂は本当?(バンテージ)

Vantageの評判・口コミ

この記事では、海外FX業者VantageTrading(バンテージ)の評判や特徴を解説しています。

Vantageはハイスペックな取引環境や豪華な入金ボーナスの評判が良い海外FX業者ですが、日本人利用者数はまだそれほど多くありません。

ですが結論、出金拒否などの致命的な悪い評判はなく、少額でFX取引を始める分には問題ない海外FX業者といえるでしょう。

Vantageはボーナスキャンペーンを常時開催しているため、ボーナスを活用してなるべく少額から利用していくのがおすすめです。

現在は最大15,000円の口座開設ボーナスキャンペーンを開催中ですので、まずは口座開設ボーナスだけを使って取引を始めてみましょう!

目次

VantageTrading(バンテージ)はどんな人におすすめ?

Vantage公式サイト
Vantage公式サイト

総合点:40点/60点

安全性
7.0
レバレッジ
8.0
ボーナス
5.0
コスト
7.0
約定力
7.0
自由度
6.0
Vantage(バンテージ)がおすすめな人
  • スプレッドの狭い海外FX業者を選びたい
  • 高いレバレッジを生かして、資金効率良く取引したい
  • ボーナスを利用して、少ない自己資金でトレードしたい
  • 透明性の高い環境で取引したい

VantageTrading(バンテージ)は最大2000倍の高いレバレッジや低スプレッドなどの取引環境の良さが特徴で、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのキャンペーンも評判が良い海外FX業者です。

また、一般的にはボーナス対象外になりやすいECN口座でボーナスが利用できる点も大きな特徴・メリットです。

知名度よりも取引性能やボーナスキャンペーンの豪華さを優先したいという方にはVantageをおすすめできるので、まずは少額でボーナスを利用しながらFX取引を始めてみましょう!

一方で、Vantageのデメリットは日本人利用者が少なく評判が定まっていない点でしょう。

出金拒否などの口コミ・評判はないため安全性こそ問題ありませんが、日本人利用者の少ない業者を使うのが心配な方にはおすすめできません。

日本人から人気が高く、評判の良い海外FX業者を知りたい方には、こちらの記事もおすすめです。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめランキング!人気の25社を徹底比較【2024年5月版】 海外FXとは、日本以外の国に拠点を持つ海外ブローカーを介してFX取引(外国為替証拠金取引)を行うことです。 海外FXは国内とは比べ物にならないハイレバレッジや豪華なボ...

Vantage(バンテージ)の良い評判・口コミ

ここからはVantage(バンテージ)の良い評判や特徴を詳しく見ていきましょう。

良い評判①最大レバレッジが2000倍

Vantage(バンテージ)の良い評判・口コミの1つ目は最大レバレッジが高い点です。

Vantageでは3つの口座タイプを提供しており、最大レバレッジの倍率は口座タイプによって異なります。

口座タイプレバレッジ
スタンダード口座1000倍
RAW口座1000倍
プレミアム口座2000倍
Vantage各口座タイプの最大レバレッジ

3つの口座タイプのうちスタンダード口座とRAW口座が最大レバレッジ1000倍、プレミアム口座では最大2000倍となっています。

なお、Vantageはゼロカットに対応しているので、万一口座残高を超える損失が出てもマイナス分はゼロにリセットされ追証は発生しません。

良い評判②高額な入金ボーナスを常時開催

Vantage(バンテージ)の良い評判・口コミの2つ目は高額な入金ボーナスを常時開催している点です。

Vantageでは総額10,000ドルが受け取れる付与率最大120%の入金ボーナスキャンペーンが常時開催されています。

高額な入金ボーナスキャンペーンを開催している海外FX業者は他にもありますが、Vantageは低スプレッド口座タイプであるRaw口座も入金ボーナスの対象となります。

一般的に海外FXの入金ボーナスはスタンダード口座のみが対象で、低スプレッドが特徴の上級者向け口座は対象外になる場合がほとんど。

そのため、上級者向けの低スプレッド口座でも入金ボーナスを受け取りたいという方にはVantageの利用がおすすめです。

>>Vantageのボーナスキャンペーンの詳細を確認する

良い評判③豊富な取引銘柄数を用意

Vantage(バンテージ)の良い評判・口コミの3つ目は、取引できる商品の種類や銘柄数が豊富な点です。

銘柄取扱数
FX通貨ペア67種類
株価指数26種類
貴金属9種類
コモディティ7種類
エネルギー7種類
ETF50種類
株式
(米国/豪州/英国/EU)
778種類
債権7種類
仮想通貨50種類
Vantageの通貨ペア・銘柄一覧

特に株式は取り扱い銘柄数が多く、米国株式をはじめとした700種類以上の株式銘柄が取引できます。

また、他の海外FX業者ではほとんど取り扱いのないETFや債権も取引可能です。

もちろん、人気のFX通貨ペアやゴールドなどの貴金属も取り扱っているので、さまざまな商品に投資したい方にはVantageの口座開設をおすすめします。

良い評判④ストップレベル0を実装。スキャルピング環境は◎

Vantage(バンテージ)の良い評判・口コミの4つ目はスキャルピング環境が優れている点です。

Vantage(バンテージ)では全通貨ペアでストップレベルが0pipsとなっています。

ストップレベルとは指値や逆指値注文を行う際に注文を入れられない価格圏のことです。

例えばストップレベルが5pipsなら、現在のレートの上下5pips圏内には指値・逆指値注文を入れられません。

ストップレベルゼロであれば注文の制約を受けることが無いため、特にスキャルピングで自由度の高いFX取引ができます。

良い評判⑤ロスカット水準は0~10%

Vantage(バンテージ)の良い評判・口コミの5つ目はロスカット水準が低い点です。

Vantage(バンテージ)のロスカット水準は口座タイプごとに異なりますが、最小0%の低いロスカット水準でトレードできます。

口座タイプロスカット水準
スタンダード口座10%
RAW口座10%
プレミアム口座0%
Vantage口座タイプ別ロスカット水準一覧

ロスカット水準は10%でも十分低いほうですが、0%であれば証拠金がなくなるまでトレード可能です。

特に、高いレバレッジ倍率でダイナミックなトレードを行う方には、Vantageの低いロスカット水準は強いメリットになるでしょう。

良い評判⑥スキャルピング・EAの制限もなく、どんな取引もやりやすい

Vantage(バンテージ)の良い評判・口コミの6つ目は取引自由度が高い点です。

Vantage(バンテージ)は、スキャルピングやEAを利用した自動売買を認めており禁止取引がありません。

海外FXの中にはスキャルピングやEAを禁止している業者もありますが、Vantageでは制限を気にせずFX取引できます。

ただし、ボーナスキャンペーンによってはボーナス利用時のトレードに制限がかかる場合があるので、ボーナスを利用する際は必ず利用規約をきちんと確認しておきましょう。

良い評判⑦初心者でも取引しやすい独自取引プラットフォーム「Protrader」を利用可能

Vantage(バンテージ)の良い評判・口コミの7つ目は「Protrader(プロトレーダー)」が利用できる点です。

プロトレーダーは分析や取引を支援するVantage独自のプラットフォーム。

TradingViewを搭載しており、以下のような取引に役立つ機能が利用できます。

  • インジケーターやオシレーターによる精密なチャート作成
  • 幅広い金融商品をカバーするクオンツ分析(数学的分析)
  • テクニカル分析を組み合わせたアナリストビュー
  • 経済指標カレンダー、マーケットニュースのチェック

ライブ口座を開設し、200ドル以上入金すれば誰でも無制限でプロトレーダーを利用可能です。

学習中のトレーダーや初心者にとって取引の参考になる材料が提供されているので、興味のある人はぜひ利用してみてください。

VantageTrading(バンテージ)の悪い評判・口コミ

続いて、VantageTrading(バンテージ)のデメリット・悪い評判を確認していきます。

悪い評判①入出金方法は国内銀行送金と仮想通貨だけ

Vantage(バンテージ)の悪い評判・口コミの1つ目は入出金方法が少ない点です。

Vantage(バンテージ)が対応している入出金方法は、現時点では国内銀行送金と仮想通貨の2種類のみです。

国内銀行送金による入出金が手数料無料で行えることは良いポイントですが、bitwalletなどのオンラインウォレットや、クレジットカードを入金に使いたい人にとってはデメリットといえるでしょう。

悪い評判②プレミアム口座は最低入金額3,000ドル

Vantage(バンテージ)の悪い評判・口コミの2つ目はプレミアム口座の最低入金額が高額な点です。

Vantage(バンテージ)のプレミアム口座は、取引手数料無料・最小0pipsのスプレッド・最大2000倍のレバレッジなど、ハイスペックな環境で取引できる口座タイプです。

しかしプレミアム口座の初回最低入金額は3,000ドル(約45万円)と一般的なトレーダーにとっては高額な設定であり、まとまった資金を用意できなければ利用できません。

一方、スタンダード口座・RAW口座の最低入金額は50ドル(約15,000円)と比較的少額に設定されているため、まずはプレミアム口座以外から利用を始めるのがいいでしょう。

悪い評判③レバレッジ制限はやや厳しめ

Vantage(バンテージ)の悪い評判・口コミの3つ目はレバレッジ制限が厳しめな点です。

Vantage(バンテージ)では、口座残高とボーナス利用時にレバレッジ制限がかかります。

まず、口座残高によるレバレッジ制限は以下のように行われます。

口座残高最大レバレッジ
10,000ドル~1000倍
20,000ドル~500倍
Vantageのレバレッジ制限

プレミアム口座の場合は口座残高が1万ドル以上になると最大レバレッジは1000倍になり、口座残高が2万ドル以上になると全ての口座タイプで最大レバレッジは500倍に制限されます。

また、ボーナス利用に対応したスタンダード口座とRAW口座では、ボーナスを獲得すると最大レバレッジが1000倍から500倍に制限されてしまいます。

1,000倍のハイレバレッジとボーナスは併用できませんのでご注意ください。

悪い評判④チャットサポートなし

Vantage(バンテージ)の悪い評判・口コミの4つ目はチャットサポートがない点です。

Vantage(バンテージ)への問い合わせで利用できる方法はメールと質問フォームのみとなっており、チャットには対応していません。

日本語によるサポートを手厚く行っている海外FX業者の場合は、営業日の多くの時間帯で日本語によるライブチャットサポートを実施している場合がありますが、Vantageではそうしたものは期待できません。

しかし、メール等ではVantageの日本語サポートを受けられるので、その点は安心して良いでしょう。

悪い評判⑤出金が遅い口コミあり

Vantage(バンテージ)には「出金が遅い」という評判・口コミがあります。

Vantageからの出金は、通常は1営業日以内に処理されますが、場合によっては最大7営業日ほどの時間がかかることがあります。

また、Vantageの出金ルールに反した場合も出金に時間がかかってしまう可能性があります。

加えて、ユーザーが以下のような禁止行為を行った場合は出金拒否・出金できないといったペナルティが科せられる可能性が高いためご注意ください。

Vantageの禁止取引
  • 他口座間の両建て
  • ボーナスの不正取得
  • 裁定取引
  • ゼロカットの悪用となる取引

VantageTrading(バンテージ)はどんな会社?安全性・信頼性を評価

ここからはVantageの運営会社や金融ライセンス、資金管理の情報などをもとに安全性・信頼性の評判をチェックしていきます。

まずはVantage(バンテージ)の会社情報を見てみましょう。

設立2009年
運営会社Vantage Prime Trading Limited
登録住所10 Manoel Street , Castries , St.Lucia
資金管理方法分別管理
サポートメールまたはフォームでの日本語サポート
Vantageの会社情報

VantageTradingは2009年に設立されました。日本へのサービスは2020年の3月から開始していますが、同年11月に一度日本から撤退しています。

その後2022年8月に日本でのサービスを再開し、日本市場での知名度は比較的まだ低い海外FX業者です。

取得済みの金融ライセンス

VantageTrading(バンテージ)は、グループ全体で以下の金融ライセンスを取得しています。

Vantageの所有ライセンス
  • オーストラリア(ASIC:428901)
  • バヌアツ(VFSC:700271)
  • イギリス(FCA:590299)
  • ケイマン(CIMA:1383491)
  • 南アフリカ(FSCA:51268)

Vantageは日本の金融庁に登録されていませんが、海外の公的な規制のもとで要件を満たしながら運営されています。

取得難易度が高いことで有名なオーストラリアやイギリスの金融ライセンスを保有していることから、海外FX業者の中でも比較的安全性・信頼性は高いほうだといえるでしょう。

顧客資金の管理方法は分別管理

Vantage(バンテージ)の資金管理方法は分別管理です。

信託保全が義務付けられている国内FXに比べるとやや安全性は劣りますが、海外FXでは分別管理が一般的です。

そのため、資金管理の信頼性については良くも悪くもない平均的なレベルであるといえます。

VantageTrading(バンテージ)のボーナス・キャンペーン

Vantage(バンテージ)では以下のボーナスキャンペーンが開催されています。

最大15,000円口座開設ボーナス

Vantageでは、最大15,000円(100ドル)の口座開設ボーナスキャンペーンを開催中です。

開催期間2024年4月1日〜終了が通知されるまで
対象ユーザー2024年4月1日以降に新規口座開設する全ユーザー
対象口座タイプ・スタンダード口座
・RAW口座
ボーナス額・アカウント登録から7営業日以内に本人確認を完了した場合:15,000円
・アカウント登録から7営業日以降に本人確認を完了した場合:10,000円
ボーナス反映時間本人確認完了から最大24時間
Vantageの口座開設ボーナスの条件

口座開設ボーナスだけを使えば、入金は不要ですぐにVantageのリアル口座でFX取引を始められます。

ボーナス額はアカウント登録から7営業日以内に本人確認が完了すると15,000円、7営業日を過ぎると10,000円となっていますので、口座開設後すぐに本人確認をしておきましょう。

最大120%+50%+20%入金ボーナス

Vantageの入金ボーナス
Vantage公式サイトの入金ボーナスページ

Vantage(バンテージ)では最大約150万円(10,000ドル)の入金ボーナスを提供しています。

開催期間2024年4月1日〜終了が通知されるまで
対象ユーザー全ユーザー
対象口座タイプ・スタンダード口座
・RAW口座
その他・ボーナスはクッション機能あり
・口座から出金した場合、ボーナスは削除される
Vantageの入金ボーナス特徴

Vantageの入金ボーナスは、初回入金・2回目の入金・3回目以降の入金でボーナス付与割合が異なります。

ボーナス対象ボーナス内容
登録から7営業日以内の初回入金最大75,000円の120%ボーナス
登録から7営業日以降の初回入金最大75,000円の100%ボーナス
2回目入金最大150,000円の50%入金ボーナス
3回目以降の入金(上限額まで都度付与)1,275,000円を上限とした20%入金ボーナス
Vantageの入金ボーナス詳細

Vantageの初回入金ボーナスは、アカウント登録から7営業日以内の初回入金に対しては付与割合が120%、7営業日を過ぎても100%入金ボーナスを獲得できます。

なお、初回入金にボーナス上限額以上の入金を行った場合、過剰分に対しては2回目入金ボーナスが自動的に適用されるため、入金を分ける手間が省けるのは嬉しいポイントです。

Vantageの入金ボーナスは他の海外FX業者と比較しても利用しやすい条件なので、評判の良い入金ボーナスを使いたいという方はぜひチェックしておきましょう。

VantageTradingリワード(Vポイント)

VantageTradingリワードとは、Vantageユーザーが利用できるキャッシュバックプログラムのことです。

取引によって「Vポイント」を獲得でき、貯まったVポイントは「200Vポイント=1ドル」で現金やその他様々なサービスとの交換が可能です。

また、ユーザーのランクが昇格するごとに、獲得できるVポイントも段階的に増加します。

ランクの昇格条件と各ランクごとのVポイント獲得割合は以下の通り。

ランク昇格に必要なロット数10ロットごとの獲得Vポイント
ブロンズ0〜2.99100
シルバー3〜14.99150
ゴールド15〜59.99200
プラチナ60〜250
Vポイントの昇格条件・獲得割合

VantageTradingリワードには、スタンダード口座かRAW口座を開設し(デモ口座は不可)50ドル以上の入金をするだけで参加可能です。

自分が獲得しているVポイント等は、Vantageのクライアントポータルにある「VantageTradingリワード」から確認できるのでぜひ利用してみてください。

なお、VantageTradingリワードには以下注意点があるので利用前に必ずチェックしておきましょう。

Vポイントの注意点
  • 90日間で10回以上の取引を行わないとランクは降格される
  • 5分以上ポジションを保有した取引のみがポイント付与対象としてカウントされる
  • Vポイントには1年間の期限がある(取引ごとに更新。定期的に取引すれば失効しない)

VantageTrading(バンテージ)の口座タイプ

Vantage(バンテージ)では、3つの口座タイプを提供しています。

  • スタンダード口座:取引手数料無料の基本口座
  • RAW口座:取引手数料ありの低スプレッド口座
  • プレミアム口座:最大レバレッジ2000倍のハイレバ口座

ここからはVantageの各口座タイプの詳細を見ていきましょう。

スタンダード口座

最大レバレッジ1000倍
(ボーナス利用時は500倍)
最低入金額50ドル
最小スプレッド1.4pips
取引手数料なし
ロスカット水準10%
取引ツールMT4/MT5
ボーナス利用
Vantageスタンダード口座の特徴

Vantage(バンテージ)のスタンダード口座は、最大レバレッジ1000倍のSTP方式を採用した口座タイプです。

取引手数料はかからずスプレッドのみで取引できるため、初心者でも利用しやすいと評判の良い口座タイプです。

Vantageスタンダード口座での主要銘柄の最低スプレッドは以下のようになっています。

FX通貨ペアスプレッド
EURUSD1.4pips
USDJPY1.5pips
GBPUSD1.6pips
AUDUSD1.4pips
スタンダード口座のFX通貨ペアスプレッド

最低入金額は50ドルとなっており各種ボーナスにも対応しているため、Vantageを使ってみたいという海外FX初心者の方に特におすすめできる口座タイプです。

RAW口座

最大レバレッジ1000倍
(ボーナス利用時は500倍)
最低入金額50ドル
最小スプレッド0pips
取引手数料1ロットあたり往復4ドル/400円
ロスカット水準10%
取引ツールMT4/MT5
ボーナス利用
Vantage RAW口座の特徴

Vantage(バンテージ)のRAW口座はECN方式を採用した口座タイプです。

RAW口座はECN方式を採用しながら各種ボーナスキャンペーンにも対応している海外FXでは珍しい口座タイプとなっています。

取引手数料は1ロットあたり往復400円と格安で、さらに主要通貨ペアの最低スプレッドも非常に狭くなっています。

FX通貨ペアスプレッド
EURUSD0pips
USDJPY0.4pips
GBPUSD0.5pips
AUDUSD0.3pips
RAW口座のFX通貨ペアスプレッド

そのため、取引条件もボーナスキャンペーンもどちらも優れている口座を使いたいという方にはRAW口座がおすすめです。

プレミアム口座

最大レバレッジ2000倍
最低入金額3,000ドル
最小スプレッド0pips
取引手数料なし
ロスカット水準0%
取引ツールMT4
ボーナス利用不可
Vantageプレミアム口座の特徴

Vantage(バンテージ)のプレミアム口座は、最大レバレッジ2000倍・ロスカット水準0%などハイレベルな環境で取引できる口座タイプです。

最大のメリットは取引コストの小ささで、取引手数料はかからず以下のような低スプレッドで取引できます。

FX通貨ペアスプレッド
EURUSD0pips
USDJPY0.4pips
GBPUSD0.5pips
AUDUSD0.3pips
プレミアム口座のFX通貨ペアスプレッド

さらにプレミアム口座では、スワップポイント20%オフや低スリッページなどの特徴があります。

しかし、最低入金額は3,000ドルと高額で、取引ツールはMT4のみ。さらにボーナス利用不可などのデメリットもあるため海外FX上級者向けの仕様といえるでしょう。

メリットとデメリットがはっきり分かれているプレミアム口座ですが、極限までコストを抑えて取引したいトレーダーにおすすめの口座タイプです。

VantageTrading(バンテージ)の始め方

ここからはVantage(バンテージ)で新規口座開設し取引を始めるための方法を順番に解説していきます。

VantageTrading(バンテージ)のFX口座開設・登録手順

Vantage(バンテージ)での新規口座開設は、主に以下の手順で行います。

VantageのFX口座開設手順
  1. メールアドレスの認証
  2. 会員ページにログインし、個人情報を入力
  3. 身分証明書類と住所証明書類をアップロード

まずはVantage公式サイトから、以下のようなメールアドレスの認証ページを開きましょう。

登録するメールアドレスを入力し、「認証コードを受け取る」をクリックします。

Vantageの口座開設手順1
引用元:Vantage公式HP

続いて新規口座開設確認画面に移るので、登録メールアドレス宛に届いたコードを入力します。

さらに、クライアントポータルにログインするためのパスワードを設定して入力し、個人口座/法人口座の選択と、確認事項にチェックを入れたら「口座開設する」を押しましょう。

Vantageの口座開設手順2
引用元:Vantage公式HP

口座開設が完了したら、Vantageから「Client Portal Access」というメールが届きますので確認を行います。

続いて、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを使ってクライアントポータルにログインしましょう。

Vantageの口座開設手順3
引用元:Vantage公式HP

つづいて、会員ページにログインして個人情報を入力していきましょう。

ログインすると以下のような「口座開設」画面が表示されますので、入力を進めていきます。

引用元:Vantage公式HP

全て入力したら、「次へ」をクリックしましょう。

次は、取引に使う口座タイプの設定です。

Vantageの口座開設手順5
引用元:Vantage公式HP

選択項目は以下の通りです。

この中で迷いやすいのがプラットフォームの選択ですが、特に理由がなければ最新版であるMT5がおすすめです。

利用規約への同意にチェックを入れたら、「次へ」をクリックしましょう。

次の画面では「閲覧専用口座開設完了。」と表示されますが、「ID認証」を選択して引き続き口座開設手続きを進めます。

Vantageの口座開設手順6
引用元:Vantage公式HP

ここからは、本人確認のための身分証明書類と住所証明書類をアップロードを行います。

まずはじめにID認証、身分証明書類のアップロードを行います。 

Vantageの口座開設手順7
引用元:Vantage公式HP
入力項目内容
国籍プルダウンから選択
IDの種類プルダウンから選択
ID番号IDの番号を入力
(運転免許証番号、マイナンバーなど)
ID写真以下から1つを撮影しアップロード

・マイナンバーカード
・運転免許証
・パスポート
・在留カード
※顔写真付き、生年月日、発行日が記載されていること
ID認証(身分証明書)の入力項目・内容

続いてPOA認証(住所入力・住所証明書類のアップロード)を行います。

Vantageの口座開設手順8
引用元:Vantage公式HP

ここでは住所の登録を行いますが、入力する住所と、住所証明書類に記載されている住所が同一になるようにご注意ください。

なお、住所のローマ字表記は「君に届け」などの変換サイトを使って入力するのがおすすめです。

全ての項目を入力したら、「提出する」をクリックして口座開設手続きは終了です。

以下のように「ID認証審査中」と表示されますが、この画面は閉じてもかまいません。

Vantageの口座開設手順9
引用元:Vantage公式HP

書類の確認は1営業日程度で完了し、問題なければ取引口座のログイン情報がメールで届きます。

MT4・MT5のダウンロード・ログイン方法

ここからはMT4・MT5をダウンロード・インストールし、Vantageの取引口座にログインする方法を見ていきましょう。

クライアントポータルにログインし、左側のメニューから「ダウンロード」を選び、ダウンロードしたいツールを選択します。

VantageのMT4・MT5ダウンロード手順1
引用元:Vantage公式HP

MT4・MT5のダウンロードとインストールは一般的なアプリと同様で、実行ファイルをわかりやすい場所に保存して開いていきます。

MT4・MT5をインストールしたら、今度はVantageの取引口座へログインしましょう。

今回はMT5を例に見ていきますが、MT5を開いたら上部メニューの「ファイル」から「口座を開く」を選択します。

VantageのMT4・MT5ダウンロード手順2

「会社一覧」の画面が表示されるので、そのなかにある「Vantage Prime Limited」を選び、「次へ」をクリックします。
※もし会社一覧の中にVantageがない場合は、上部の検索窓から「Vantage Prime Limited」と入力し検索しましょう

VantageのMT4・MT5ダウンロード手順2

「口座を開設する」という画面が表示されるので「既存の取引口座と接続する」を選びログイン情報を入力します。

ログイン情報は、Vantageで口座開設手続きが完了したあとに送られてくるメール等に記載されています。

入力したら「完了」をクリックしてログインしましょう。

もしログインに失敗する場合は、ログイン情報に誤りがないか、インターネット接続に問題がないかなどをもう一度ご確認ください。

VantageTrading(バンテージ)の入金方法・手数料

Vantage(バンテージ)では、以下の入金方法を利用できます。

入金方法手数料反映時間
国内銀行送金無料着金後即時
仮想通貨無料1時間
Vantageの入金方法

仮想通貨の入金方法では、BTC・ETH・USDC-ERC20・USDT-TRC20・USDT-ERC20が利用可能です。

Vantageが扱っている入金方法は非常に少なく、今後の拡充が期待されます。

VantageTrading(バンテージ)の出金方法・手数料

VantageTrading(バンテージ)の出金方法は以下のとおりです。

出金方法手数料着金までの時間
国内銀行送金無料3〜5営業日
仮想通貨無料1時間
Vantageの出金方法

出金依頼は通常1営業日以内に受理されますが、場合によっては最大7営業日程度かかる可能性があります。

よくある質問

最後はVantageTrading(バンテージ)の評判・口コミ・評価に関するよくある質問に回答していきます。

VantageTradingのメリットは?

VantageTrading(バンテージ)の良い評判・メリットは、次のとおりです。

  • 最大レバレッジ2000倍
  • 定期的に高額ボーナスを提供
  • 取引銘柄数が多い
  • ストップレベル0pips
  • ロスカット水準0〜10%
  • スキャルピングやEAに制限なし
  • スプレッドが狭いECN口座を提供
  • 分析支援の「プロトレーダープラットフォーム」を利用可能

VantageTradingのデメリットは?

VantageTrading(バンテージ)の悪い評判・デメリットは、次のとおりです。

  • 入出金方法が国内銀行送金と仮想通貨のみ
  • プレミアム口座の最低入金額が3000ドルと高い
  • 口座残高によるレバレッジ制限に注意

口座開設ボーナスはある?

VantageTrading(バンテージ)では期間限定の口座開設ボーナスを行っています。

口座開設ボーナスを利用したい場合は開催期間中に新規口座開設しましょう。

VantageTradingの特徴・取引条件は?

VantageTrading(バンテージ)の特徴は、オーストラリア証券委員会などの高難度ライセンスを取得している信頼性の高さに加えて、低スプレッドかつボーナス利用可能な点でしょう。

スタンダード口座でのボーナス利用はもちろん、ECN口座でもボーナスを利用できる点は非常に良い評判となっています。

取引条件は主要口座タイプであるスタンダード口座やECN RAW口座で最大レバレッジ1000倍、ロスカット水準10%、全通貨ペアでストップレベル0pipsなど上級者でもトレードしやすい環境が整えられています。

スプレッドは狭い?広い?

VantageTrading(バンテージ)では、Raw口座とプレミアム口座のスプレッドが特に狭いです。

Rawゼロ口座では取引手数料を含め0.4pipsから、プレミアム口座では取引手数料無料で0pipsから取引が可能です。

VantageTradingを利用するうえで注意点はある?

VantageTrading(バンテージ)で以下のような禁止行為を行うと、出金拒否・出金できないなどの措置が取られる可能性があるため十分注意しましょう。

Vantageの注意点・禁止取引
  • 他口座間の両建て
  • ボーナスの不正取得
  • 裁定取引
  • ゼロカットの濫用となる取引

ECN口座はある?

VantageTrading(バンテージ)では、「RAW口座」というECN方式の口座タイプを提供しており、1ロットあたり往復400円の少ない取引手数料で最小0pipsの極狭スプレッドによる取引を行えます。

株式指数も取引可能?

VantageTrading(バンテージ)では26種類の株価指数を取引できます。

VantageTradingに対する海外からの評価・評判は?

海外の大手評判・口コミサイトとして有名な「FPA」には、Vantageは「Vantage Markets」として登録されています。

評価・評判の点数は2.247点となっており、可もなく不可もない印象です。

引用元:ForexPeaceArmy

サポートは日本語対応している?

VantageTrading(バンテージ)ではメールおよび公式サイトの質問フォームから日本語によるサポートを受けられます。

VantageTrading(ヴァンテージ)の評判・口コミまとめ

今回はVantageTrading(ヴァンテージ)の特徴や評判・口コミ・評価を解説してきました。

Vantageは2009年と十分な実績がありますが、日本市場に進出してからの年数は浅いため日本における知名度はまだ低めです。

しかし、最大2,000倍のハイレバレッジや狭いスプレッド・低コストを提供し、さらにボーナスキャンペーンも利用できる点は、良い評判・口コミとして利用者から好評を得ています。

現在は最大15,000円の口座開設ボーナスキャンペーンも開催しているので、気になった方はまずボーナスだけを使ってVantageの使い心地を試してみてくださいね。

この記事を書いた人

海外FXセレクトは、クリックアンドペイ合同会社によって運営されている海外FXの総合サイトです。サイト内の情報は常にクリックアンドペイ合同会社内の"海外FXセレクト編集部"によって更新されており、トレーダーの皆さんにとって有益な内容になるよう日々調整されています。公式サイトに掲載された信頼性の高い情報やSNSに投稿された生の評判・口コミを多数掲載しておりますので、当サイトで理想の海外FX業者を見つけてみてください!

目次