GeneTrade(ジェネトレード)の評判・口コミまとめ!安全性や登録手順を徹底解説

Genetrade-eye catching

GeneTrade(ジェネトレード)は2018年設立の、比較的新しい海外FX業者です。

最大レバレッジ1,000倍や常時開催のボーナスキャンペーンなど、魅力的な取引条件が揃っています。

一方で、日本人のユーザーが少ないことや運営会社の公式サイトがないことから、実情については不明な点も多く存在します。

過去に出金拒否や出金遅延の噂があったことも踏まえると、GeneTradeについて何も知らない状況で利用を開始するのは危険でありおすすめできません。

本記事では、GeneTradeはどのような業者なのかを評判・口コミから紐解いていきます。

安全性や登録方法についても解説しているので、本記事を読めばGeneTradeについて網羅的に理解できるでしょう。

目次

GeneTrade(ジェネトレード)はどんな人におすすめ?メリット・デメリットまとめ

GENETTRADE公式サイト

総合点:39点/60点

安全性
7.0
レバレッジ
7.0
ボーナス
8.0
コスト
5.0
約定力
6.0
自由度
6.0

GeneTrade(ジェネトレード)はベリーズに本社を置く、運営歴6年目の海外FX業者です。

最大レバレッジ1,000倍や常時開催のボーナスキャンペーンなどの魅力がある一方で、取引ツールに制限がある・スプレッドが広めなどデメリットもあります。

そのため、ボーナスだけ利用して海外FXトレードに慣れたい、ハイレバレッジ取引を経験したいという方におすすめです。

なお、GeneTradeのメリット・デメリットは以下の通りです。

GeneTradeのメリット
GeneTradeのデメリット
  • 最大レバレッジが1,000倍
  • 57銘柄の通貨ペアをトレード可能
  • 約定力が高い
  • 日本語サポートが充実
  • スプレッドが比較的広め
  • 取引ツールがMT4のみ
  • 口座維持手数料がかかる
  • CFDの取り扱い種類が少ない

ボーナスやハイレバレッジを提供している業者は、こちらの記事でさらに詳しくご紹介しています。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめランキング!人気の25社を徹底比較【2024年6月版】 \\\ 当サイトオススメの3業者! /// 海外FXとは、日本以外の国に拠点を持つ海外ブローカーを介してFX取引(外国為替証拠金取引)を行うことです。 海外FXは国内とは...

GeneTrade(ジェネトレード)の良い評判・口コミ

GeneTrade(ジェネトレード)の良い評判・口コミは以下の4つです。

最大レバレッジが1000倍

GeneTradeの良い口コミ・評判1つ目は、最大レバレッジが1,000倍であることです。

GeneTradeでは全ての口座タイプで、1,000倍のレバレッジを提供しています。

少ない資金でもハイレバレッジをかけることで大きな利益が見込めるので、いきなり大金を運用するのは怖いという初心者の方におすすめです。

FX取引では57銘柄の通貨ペアがトレード可能

GeneTradeの良い口コミ・評判2つ目は、FX取引で57銘柄の通貨ペアがトレードできることです。

EURUSDEURNZDNZDJPY
AUDCADEURPLNNZDSGD
AUDCHFEURRUBNZDUSD
AUDJPYEURSEKSGDJPY
AUDNZDEURSGDUSDCAD
AUDUSDEURTRYUSDCHF
CADCHFEURZARUSDCNH
CADJPYGBPAUDUSDDKK
CHFJPYGBPCADUSDHKD
CHFSGDGBPCHFUSDHUF
EURAUDGBPDKKUSDJPY
EURCADGBPJPYUSDMXN
EURCHFGBPNOKUSDNOK
EURDKKGBPNZDUSDPLN
EURGBPGBPSEKUSDRUB
EURHKDGBPSGDUSDSEK
EURHUFGBPUSDUSDSGD
EURJPYNZDCADUSDTRY
EURNOKNZDCHFUSDZAR
GeneTradeで取り扱っている通貨ペア

経済状況や相場によって、通貨ペアごとの利益の出やすさ・リスクの大きさは異なります。

取り扱っている通貨ペアが多ければ相場に合わせて通貨ペアを買うことができるため、ユーザーにとってはメリットだといえます。

99.99%の取引が1秒以内に執行

GeneTradeの良い口コミ・評判3つ目は、99.99%の取引が1秒以内に執行されることです。

海外FX業者執行スピード
GeneTrade99.99%以上の取引を1秒以内に執行
XMTrading99.35%の取引を1秒以内に執行
FXGT記述なし
Exnessミリ秒でのトレード
他海外FX業者との執行スピード比較

表からわかるように、GeneTradeの執行スピードは他の大手海外FX業者と遜色ありません。

執行の速さはユーザーの利益に直結するため、重要なポイントだといえます。

約定力とは

注文を速く、正確に成立させられる力。
約定力が低いと、ユーザーの希望する価格と実際に取引が成立した際の価格にずれ(スリッページ)が生じてしまう。

サポートは日本語対応で平日24時間利用可能

GeneTradeの良い口コミ・評判4つ目は、サポートが日本語対応で平日24時間利用可能であることです。

基本的に当日中にはメールの返信があるため、サポートの質は高いといえます。

また、問い合わせ先が部門によって分かれており、相談内容に特化したスタッフが対応してくれることも特徴です。

サポートデスクsupport@genetrade.com
アフィリエイト部門affiliates@genetrade.com
バックオフィスbackoffice@genetrade.com
営業部門sales@genetrade.com 
GeneTradeの各部門のメールアドレス

GeneTrade(ジェネトレード)の悪い評判・口コミ

GeneTradeの悪い評判・口コミは以下の6つです。

スプレッドが比較的広め

GeneTradeの悪い口コミ・評判1つ目は、スプレッドが広めなことです。

スプレッドが比較的広いといわれている大手海外FX業者のXMTradingと、GeneTradeのスプレッドを比較してみましょう。

通貨ペアGeneTradeXMTrading
USDJPY1.7pips1.4pips
EURUSD1.7pips1.6pips
EURJPY2.4pips1.9pips
XMTradingとGeneTradeのスプレッド比較

今回比較した主要通貨ペアにおいてXMよりも広い値を取っているため、GeneTradeは海外FX業者の中でもかなりスプレッドが広い業者だといえます。

なお、GeneTradeのスプレッドは全口座タイプで同じ値です。

GeneTradeは低スプレッド口座を提供していないため、取引コストを抑えたい方やスキャルピングを行いたい方にはおすすめできません。

取引ツールがMT4のみでMT5/cTraderは利用不可

GeneTradeの悪い口コミ・評判2つ目は、取引ツールがMT4のみでMT5/cTraderは利用できないことです。

全口座タイプ一律で、利用できる取引ツールはMT4に限られます。

開発年2005年
動作スピードMT5より遅め
時間足の数9種類
板情報なし
EAの種類豊富
モバイルアプリPCより機能が少ない
(カスタムインジケーターやEAが利用できないなど)
気配値ウィンドウMT5より見にくい
ナビゲーター
ウィンドウ
MT5より見にくい
標準の
インジケーター
30種類
カスタム
インジケーター
豊富
MT4の概要

MT5/cTraderに慣れている方にとって、GeneTradeは不向きだといえるでしょう。

CFDの取り扱い銘柄は金(ゴールド)・銀(シルバー)だけ

GeneTradeの悪い口コミ・評判3つ目は、CFDの取扱商品が金(ゴールド)・銀(シルバー)に限られることです。

多くの海外FX業者は、貴金属CFDであれば金・銀・プラチナを取り扱っています。

さらに、株価指数やエネルギー、コモディティなど多種類のCFDを扱っていることがほとんどです。

他社と比較してCFDの取り扱いが少ないGeneTradeは、FX取引に特化した業者であるといえます。

なお、公式サイトには「株価指数」の表記がありますが、現在GeneTradeでは株価指数取引を行っていないので注意してください。

出金拒否の噂がある

GeneTradeの悪い口コミ・評判4つ目は、出金拒否の噂があることです。

実際、X(旧Twitter)ではGeneTradeの出金拒否に関する投稿が複数存在します。

2023年以降、明確に出金拒否された事実は見受けられませんが、少なくとも過去に出金拒否があったことは事実でしょう。

基本的にGeneTrade公式サイトの「規約と条件」に書かれている禁止行為を行うと出金拒否されるため、違反行為を行わないよう注意してください。

GeneTradeで出金拒否となる違反行為
  • 裁定取引(アービトラージ)
  • 業者間の両建て
  • 市場操作
  • 詐欺

X(旧Twitter)では「アカウントが削除された」という口コミも見受けられました。

GeneTradeを利用する際には、出金拒否やアカウント削除の噂があることを念頭に置き、大金を入金しない・出金はこまめに行うなど慎重に行動することが重要です。

実情を知れる情報が少ない

GeneTradeの悪い口コミ・評判5つ目は、実情を知れる情報が少ないことです。

GeneTradeは2018年に設立された海外FX業者で、運営年数は6年ほど。

日本人のトレーダーが少なく、運営会社であるGenius Trading LTDの公式サイトが存在しないことから、得られる情報は限られています。

GeneTradeの利用を希望される方は、自身で慎重に信頼性を見極めることが重要です。

取引状況に応じて口座維持手数料が発生

GeneTradeの悪い口コミ・評判6つ目は、取引状況に応じて口座維持手数料が発生することです。

100日以上GeneTradeでの活動を行わないと、ユーザーの所有口座は休眠口座とみなされます。

ここでいう活動とは、トレード・出金・入金など口座に関係する全ての行為です。

GeneTradeの休眠口座は、全ての口座タイプにおいて、毎月10ドル(約1,600円)の口座維持手数料がかかります。

なお、休眠口座の残高が0の場合、維持手数料はかかりません。

GeneTradeの安全性・信頼性

GeneTradeの安全性・信頼性について、以下の4点から評価します。

IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)のライセンスを取得

GeneTradeは、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)の金融ライセンスを取得してます。

ベリーズの金融ライセンスは、安全性に関してユーザーの評価が高いAXIORYも取得しているライセンスです。

ただ、ベリーズ国内に会社を設立しなくとも取得できるため、他の金融ライセンスよりも取得が容易だといわれています。

ライセンスを取得しているから100%安全だと考えるのではなく、最低限の安全性は確保されている、程度に捉えておくのが良いでしょう。

顧客資金の管理方法は分別管理

GeneTradeでは、顧客の資金を分別管理で保管しています。

分別管理とは

分別管理とは、顧客の資金と会社の運営資金を分けて保管する資金の管理方法。

分別管理下では、会社が倒産した場合の顧客への返金が義務付けられていない。

分別管理を採用している業者を利用する際は、ユーザーに未返金のリスクがつきまといます。

ただし、GeneTradeの分別管理先はTier1銀行の分離口座であるため、分別管理を採用している業者の中では比較的安全性は高いと考えて良いでしょう。

Tier1銀行とは

国際決済銀行(BIS)が定めた、自己資本比率に対する規制を最も満たしている質の高い銀行のこと。
一言でいえば、信頼性・安全性の高い銀行。

出金拒否・出金遅延の口コミあり

GeneTradeには出金拒否・出金遅延の口コミ・評価があります。

X(旧Twitter)では、2018年から2022年にかけて出金拒否・出金遅延があった旨の投稿がされていました。

2023年以降の出金拒否・出金遅延の評判は見受けられませんでしたが、GeneTradeを利用する際は過去に出金トラブルがあったことを念頭に置き、慎重に行動することが重要です。

GeneTrade利用時に行うべき行動
  • 入金は少額にとどめておく
  • 出金はこまめに行う
  • 複数口座開設し、資産を分けて持つ

金融庁から警告を受けている

GeneTradeは日本の金融庁の許可を得ていないFX業者のため、警告を受けています

一見、GeneTradeだけの問題のように思われますが、警告を受けているのはどの海外FX業者も同じです。

日本の金融庁が定める「最大レバレッジは25倍まで」という規制を受けないために、海外FX業者は意図的に金融庁の許可を受けていません。

つまり、海外FX業者であれば金融庁からの警告を受けるものであり、GeneTradeの安全性が低いわけではないのです。

GeneTrade(ジェネトレード)のボーナス・キャンペーン

GeneTradeは常時、以下のボーナスキャンペーンを開催しています。

GeneTradeのボーナス・キャンペーン

海外FX業者は不定期にボーナスキャンペーンを開催していることが多く、常時開催はGeneTradeの特徴だといえるでしょう。

5000円の口座開設ボーナス

GeneTradeは常時5,000円の口座開設ボーナスキャンペーンを開催しています。

取得条件GeneTradeで初めて口座を開設
対象口座・スタンダード口座
・マイクロ口座
ボーナス額5,000円
出金条件5分以上ポジションを持つトレードを行う(2lot以上)
ボーナスの出金不可

GeneTradeの口座開設ボーナスキャンペーンの概要

GeneTradeでの口座開設が初めてであれば、全ての口座タイプで口座開設ボーナスを受け取れます。

ボーナス額は一律5,000円で、全額トレードに利用可能です。

ただし、ボーナスを利用して獲得した利益分は出金できますが、ボーナス自体の出金はできません

また、出金には2lot以上トレードすることが必須条件なので注意してください。

なお、トレードは5分以上ポジションを持ったものでなければならないため、スキャルピングのような短期取引では条件未達成となります。

口座開設ボーナスの条件を達成できるトレード手法は、ポジションを長期保有するデイトレードやスイングトレードなどです。

20%入金ボーナス

GeneTradeは常に20%入金ボーナスキャンペーンを開催しています。

取得条件GeneTradeの任意の口座に入金
対象口座・スタンダード口座
・マイクロ口座
ボーナス額最大5,000ドル
(約77万5千円)
出金条件25,000円以上の入金
ボーナスの
出金
不可
GeneTradeの入金ボーナスキャンペーンの概要

GeneTradeの口座へ入金するたびに、入金額の20%がボーナスとして付与されます。

最大ボーナス額は5,000ドル(約77万5千円)です。

5,000ドル分のボーナスを獲得するためには、25,000ドル(約387万円)を入金しなければなりません。

なお、利益分の出金を希望する場合は25,000円以上口座に入金する必要があります。

GeneTradeの口座タイプ

GeneTradeは2種類の口座を用意しています。

スクロールできます
口座タイプ名スタンダード口座マイクロ口座
口座開設
ボーナス
入金ボーナス
最大レバレッジ1,000倍1,000倍
取引サイズ1lot
=10万通貨
1lot
=1,000通貨
取引手数料なしなし
最小取引量0.01lot0.01lot
最大保有
ポジション
200lot200lot
最低入金額5ドル5ドル
GeneTradeの口座タイプ

取引サイズを除き、2口座は取引スペックが変わりません。

スタンダード口座

スタンダード口座は、GeneTradeの中で最も基本的なスペックを持つ口座です。

口座開設ボーナス
入金ボーナス
最大レバレッジ1,000倍
取引サイズ1lot = 10万通貨
取引手数料なし
最小取引量0.01lot
最大保有ポジション200lot
最低入金額5ドル
スタンダード口座の取引スペック

最大レバレッジは業界内でも高めの1,000倍

スタンダード口座の最低入金額は5ドル(約550円)であるため、最大レバレッジ1,000倍をかければ5,000ドル分(約55万円)取引可能です。

少額入金で大きな利益を出したい方に適した口座でしょう。

なお、口座開設ボーナス・入金ボーナス共に対象の口座です。

マイクロ口座

マイクロ口座は、少ない取引量からトレードを始められる口座です。

口座開設ボーナス
入金ボーナス
最大レバレッジ1,000倍
取引サイズ1lot = 1,000通貨
取引手数料なし
最小取引量0.01lot
最大保有ポジション200lot
最低入金額5ドル
マイクロ口座の取引スペック

最大レバレッジ1,000倍や最低入金額など、ほとんどの取引スペックはスタンダード口座と変わりません。

口座開設ボーナス・入金ボーナスの対象口座であることも同様です。

ただ、取引サイズはスタンダード口座と異なり、GeneTradeの中で最小の1lot = 1,000通貨

爆発的な利益は狙いにくくなるものの、その分リスクを大幅に抑えられます。

ゆえに、マイクロ口座は安定したトレードを行いたい方や初心者の方におすすめです。

GeneTrade(ジェネトレード)の始め方

GeneTrade(ジェネトレード)の始め方を、以下4項目ごとに解説します。

GeneTradeの口座開設・登録手順

 GeneTradeの口座は以下6ステップで開設・登録できます。

STEP
公式サイトを開く

GeneTradeの公式サイトを開きます。

STEP
「登録」ボタンをクリック

右上にある青色の「登録」ボタンをクリックします。

STEP
必要情報を入力
GeneTradeの口座開設手順①

個人情報の入力画面が表示されるため、必要項目を漏れなく入力します。

入力項目は以下の10点です。

なお、入力は全てアルファベットで行わなければなりません。

  • 氏名(姓名別)
  • 生年月日
  • 口座パスワード(任意のパスワードを自身で設定)
  • 都道府県
  • 住所(市町村以下)
  • 郵便番号
  • 国番号(日本:81)
  • 電話番号
  • メールアドレス  

次に、「口座タイプ」・「口座通貨」・「口座レバレッジ」を選択します。

全ての入力・選択を終えた後、同意欄にチェックを入れ、青色の「リアル口座開設」ボタンをクリックします。

STEP
確認メールを確認
GeneTradeの口座開設手順②

入力したメールアドレスにGeneTradeから確認メールが届くので、チェックします。

GeneTradeの口座開設手順③

メールアドレス認証を行うと、再度GeneTradeから口座IDが記載されたメールが届きます。

そのメールからログイン画面に移動できるので、設定したパスワードを入力してログインしましょう。

MT4のダウンロード・ログイン方法

GeneTradeではデバイスごとにMT4を用意しています。

本記事ではMT4のダウンロード方法をPC/スマートフォンに分けて解説します。

≪PC/MacでのMT4ダウンロード方法≫

STEP
GeneTradeの公式サイトを開く

GeneTradeの公式サイトを開きます。

STEP
サイト上部の「プラットフォーム」から「PC版」または「Mac版」を選択
GeneTradeのPC版MT4①
引用元:GeneTrade公式サイト

公式サイトの上部にある「プラットフォーム」にカーソルを合わせます。

詳細が表示されるため、「MetaQuotes PC版MT4ダウンロード」もしくは「MetaQuotes Mac版MT4ダウンロード」をクリックします。

STEP
「PC用/Mac用にダウンロード」と書かれたボタンをクリック
GeneTradeのPC版MT4②
引用元:GeneTrade公式サイト

「PC用/Mac用にダウンロード」ボタンをクリックします。

STEP
ダウンロードされたファイルを開く

自動的にダウンロードされたファイルを開きます。

STEP
MT4のライセンス契約に承諾
GeneTradeのPC版MT4③

MT4のライセンス契約が表示されるので、最後まで読み「次へ」を押します。

「次へ」ボタンを押すことで、契約内容に同意したとみなされます。

STEP
MT4をインストール

同意すると、自動的にMT4が自身のPCにインストールされます。

≪iPhone/Androidでのダウンロード方法≫

STEP
AppStore/Google Playを開く

お手持ちのスマートフォンで、iPhoneの場合はAppStoreを、Androidの場合はGoogle Playを開きます。

STEP
「MT4(Meta Trader 4)」と検索

それぞれのアプリストアで「MT4(Meta Trader 4)」と検索します。

STEP
アプリをインストール
GeneTradeのスマホ版版MT4

スマートフォン版のMT4アプリが表示されるので、インストールします。

なお、GeneTradeはMT4のダウンロードが不要なWeb Traderを提供しています。

Web TradeはPCであればいつでも、どこからでも利用可能です。

≪Web TraderでのMT4利用方法≫

STEP
GeneTradeの公式サイトを開く

GeneTradeの公式サイトを開きます。

STEP
サイト上部の「プラットフォーム」から「Web Traderで取引」を選択
GeneTradeのWeb版MT4①
引用元:GeneTrade公式サイト

公式サイトの上部にある「プラットフォーム」にカーソルを合わせます。

詳細が表示されるため、「MetaQuotes MT4 Web Traderで取引」をクリックします。

STEP
「Web Trader 4を開始する」と書かれたボタンをクリック
GeneTradeのWeb版MT4②
引用元:GeneTrade公式サイト

枠で囲まれた「Web Trader 4を開始する」ボタンをクリックすると、自動的に画面が移行します。

GeneTradeの入金方法・手数料

GeneTradeへの入金は以下の流れで行います。

STEP
メンバーズエリアにログイン
GeneTradeの入金画面①

公式サイトからメンバーズエリアにログインします。

STEP
口座概要の「アクション」から「入金」を選択
GeneTradeの入金画面②

ログインすると口座概要が表示された画面に移行します。

GeneTradeの入金画面③

「アクション」ボタンの中にある「入金」を選択します。

STEP
任意の入金方法を選択
GeneTradeの入金画面④

3種類の入金方法が表示されるため、任意の方法を選択します。

STEP
入金額を入力
GeneTradeの入金画面⑤

希望の入金額を入力します。(画像はクレジット/デビットカードの場合)

入金額は日本円で入力してください。

STEP
入金内容の確認
GeneTradeの入金画面⑥

入金内容の確認画面に移ります。(画像はクレジット/デビットカードの場合)

「入金を確認」をクリックすると、入金申請の完了です。

GeneTradeで利用できる入金方法は3種類です。

スクロールできます
入金方法クレジットカード
デビットカード
STICPAYbitwallet
手数料なしなしなし
通貨・JPY
・USD
・JPY
・USD
・EUR
・GBP
・HUF
・PLN
・ZAR
・JPY
・USD
・EUR
最低入金額554円554円554円
GeneTradeの入金方法と手数料

どの入金方法も手数料は無料で、即時入金が可能です。

利用できる通貨に違いはありますが、日本円と米ドルは全ての方法で対応しているため基本的にはどの入金方法でも問題ないでしょう。

公式サイトでは「最低入金額は5ドル」と記載されていますが、日本円で入金額を入力する関係で、入力フォームに表示される最低入金額は「554円」となります。

GeneTradeの出金方法・手数料

GeneTradeへの出金は以下の流れで行います。

STEP
メンバーズエリアにログイン
GeneTradeの出金画面①

公式サイトからメンバーズエリアにログインします。

STEP
「資金を出金」を選択
GeneTradeの出金画面②

ログインすると口座概要が表示された画面に移行します。

GeneTradeの出金画面③

「アクション」ボタンの中にある「資金を出金」を選択します。

STEP
任意の出金方法を選択
GeneTradeの出金画面④

3種類の出金方法が表示されるため、任意の方法を選択します。

ただし、基本的には入金と同じ方法を選択してください。

なお、クレジットカード/デビットカードへの出金は入金額までと制限されています。

利益分に関しては、STICPAYもしくはbitwalltを利用しなければなりません。

STEP
必要情報の入力
GeneTradeの出金画面⑤

希望出金額など必要情報の入力画面に移ります。(画像はクレジット/デビットカードの場合)

クレジットカード/デビットカード出金の場合、カード情報を入力します。

電子ウォレットの場合は登録しているメールアドレスを入力します。

STEP
出金リクエスト完了

画面下部の「リクエスト」を押して出金リクエストの完了です。

また、GeneTradeで利用できる出金方法は3種類です。

スクロールできます
出金方法クレジットカード
デビットカード
STICPAYbitwallet
手数料なしなしなし
通貨・JPY
・USD
・JPY
・USD
・EUR
・GBP
・HUF
・PLN
・ZAR
・JPY
・USD
・EUR
最低出金額5ドル5ドル5ドル
最大出金額入金額までなしなし
GeneTradeの出金方法と手数料

どの方法も最低出金額は10ドルで、手数料はかかりません

ただし、STICPAYやbitwalletを利用する場合、電子ウォレットから自身のクレジットカード等に資金を移動する際の手数料はユーザー負担なので注意してください。

また、マネーロンダリングを防ぐために、基本的に出金方法は入金時と同じものを選択する必要があります。

クレジットカード/デビットカードの場合、出金できるのは入金額までであり、利益分の出金ができるのはSTICPAYもしくはbitwalletです。

複数の入金方法を利用した場合、入金額まではクレジットカード/デビットカード出金・利益分は電子ウォレット出金、と出金方法を分けなければなりません。

よくある質問

GeneTrade(ジェネトレード)に関してよくある質問をまとめました。

GeneTradeはゼロカット・ロスカット対応のFX業者?

GeneTradeはゼロカット・ロスカットに対応しています。

GeneTradeのロスカット率は20%であり、海外FX業者の中では平均的な値です。

マージンコールは証拠金残高が50%を切った時点で発生します。

GeneTradeで入金ボーナスは開催されている?

GeneTradeでは、20%入金ボーナスキャンペーンが常時開催されています。

スタンダード口座・マイクロ口座ともに対象です。

なお、GeneTradeのボーナスはクッション機能があるためトレードで利用できます。

開催中の口座開設ボーナスはある?

GeneTradeでは、口座開設ボーナスキャンペーン常時開催されています。

ボーナス額は一律5,000円で、対象口座に制限はありません。

GeneTradeのボーナスにはクッション機能があるため、トレードに利用することは可能ですが、ボーナス単体での出金はできないので注意してください。

GeneTradeのボーナスにクッション機能はある?

GeneTradeのボーナスにはクッション機能があります

ボーナスをトレード資金として利用できるので、トレード前の入金は必須ではありません。

GeneTradeの使用感を試したい方は、ボーナスだけを利用してトレードしてみると良いでしょう。

GeneTradeの安全性は問題ない?

GeneTradeの安全性は問題ないとはいえません

GeneTradeはベリーズの金融ライセンスを取得しているため、ある程度の信頼性は確保されています。

しかし、過去に出金遅延・出金拒否の例があったことから、安全性は低めだと考えて良いでしょう。

GeneTradeにこだわる理由がないのであれば、XMのような大手海外FX業者の利用がおすすめです。

GeneTrade(ジェネトレード)の評判・口コミまとめ

本記事では、GeneTradeの評判・口コミを徹底的に解説しました。

GeneTradeの良い評判・口コミ
  1. 最大レバレッジが1,000倍
  2. FX取引では57銘柄の通貨ペアがトレード可能
  3. 99.99%の取引が1秒以内に執行
  4. サポートは日本語対応で平日24時間利用可能
GeneTradeの悪い評判・口コミ
  1. スプレッドが比較的広め
  2. 取引ツールがMT4のみでMT5/cTraderは利用不可
  3. 取引状況に応じて口座維持手数料が発生
  4. CFDの取り扱い銘柄は金(ゴールド)・銀(シルバー)だけ
  5. 出金拒否の噂がある
  6. 実績を知れる情報が少ない

GeneTradeは、出金拒否・出金遅延の噂があるなど安全性が保障できない海外FX業者です。

ただ、2022年以降出金に関するトラブルは見受けられないため、悪徳業者と断言することはできません。

最大レバレッジ1,000倍、常時開催のボーナスキャンペーンなど、ユーザーにとって魅力的な条件もそろっています。

そこで、まずは入金せずにボーナスだけでトレードを行い、様子を見てはいかがでしょうか。

目次